FC2ブログ

プロフィール

BlackDog

Author:BlackDog
 四十代。妻子持ちの普通のおっさんによる、趣味のエレキギターblogです。


カレンダー

09 | 2019/10 | 11
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

最新記事


カテゴリ


最新コメント


月別アーカイブ


FC2ブログランキング


BLOG RANKING


ブログ村

にほんブログ村 音楽ブログへ
にほんブログ村 にほんブログ村 音楽ブログ ギターへ
にほんブログ村

PR

忍者AdMax

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
音楽
82位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
ギター
4位
アクセスランキングを見る>>

気になるギタリスト94

 今回の気になるギタリストは、惜しまれつつも2011年に解散を迎えたアメリカのオルタナティブロックバンド、「R.E.M.」のギタリストである「ピーター・バック」です。


Opium Drivel EP




 一般的にオルタナティブロックに分類されるバンド達は、やはりその源流であるパンクやニューウェーブと言った音楽/ジャンルの影響を感じさせるものでありますが、「R.E.M.」はその中でも特にニューウェーブな雰囲気を感じさせるバンドであったと思います。

 アメリカ出身のギタリストである「ピーター・バック」ですが、その生み出す楽曲やギターワークは何処かイギリス的。

 何処か英国ニューウェーブバンド/ギタリストの雰囲気を感じさせます。


 基本的にギターソロなどは執らないタイプのギタリストである彼は、コードワークやアルペジオを主体とする演奏がその持ち味。

 特に、同時に複数の音程を鳴らすことが出来る多弦楽器(=ギター)の特性を生かしたアルペジオ演奏が印象的で、エフェクティブかつ和声を取り入れたフレーズワークが特徴です。


 もちろん、ニューウェーブを感じさせる実験的な要素、雰囲気ある音楽性と言った部分も彼の持ち味だと思います。


Murmur




 そんな音楽的なギタリスト「ピーター・バック」が長年活動した「R.E.M.」は、1981年にインディーズレーベルからスタートしたバンドですが、1983年に発表したメジャーデビューアルバム「Murmur」でいきなりヒットを飛ばします。

 このデビューアルバムは、有名なローリングストーン誌の発表する年間ベストアルバムにも選ばれるという快挙を成し遂げています。


ARTHUR BUCK




 地道なインディーズ活動があったとは言え、いきなりの大成功を収めた「ピーター・バック」でありますが、それだけでは満足しないのが彼のすごい所。

 「R.E.M.」の活動と並行して数々のサイドプロジェクトをこなすという精力的な活動を続けて来ました。


 これらの活動は、よくある人気バンドに在籍するが故のギタリストの葛藤やストレスを解消する様な類ものではなく、溢れ出るアイディアを様々な形で表現しようとした彼の豊かな才能を表している事だと思います。

 個々の活動がそれぞれ「ピーター・バック」。

 ギタリストとして、また音楽家としての彼の存在感を示している様に思えます。


AUTOMATIC FOR THE PEOPLE (DELUXE EDITION) [2CD] (25TH ANNIVERSARY)




 溢れ出る音楽表現で大人気バンドへと成長した「R.E.M.」と「ピーター・バック」。

 ならばなぜそんなベテランバンドが解散したのか?と不思議にもなるところですが、ボーカリストである「マイケル・スタイプ」の意向が大きかった様です。

 しかし、それは仲たがいでも音楽的な趣向の違いでもなく、メンバーそれぞれの為に離れるというのがその決断の意味だった様です。


 後に、ピーター・バックは、

 「表向きでは、バンドは解散した。しかし本当は違う。

 ニューアルバムを作らず、ツアーを行っていないだけ」

 と発言していたそうです。


 現在も(あくまで)サイドプロジェクトの活動を続ける「ピーター・バック」ですが、DTMの進歩などによる音楽制作の変化に戸惑いを感じる発言もしています。


 彼の中で、音楽は人間同士のやるもの。

 便利になったからと言ってそれが全てではないという意味にも聞こえます。


 そう考えると、彼の本格的な活動再開には「R.E.M.」の活動再開が必要不可欠に感じるところですが、メンバー皆が納得の上で解散したのですからそれも難しい話なのかもしれません。


 しかし、音楽家として完全引退した訳ではありませんので、まだまだこれからも様々な形の「ピーター・バック」を見せてくれるのではないかと期待が持てます。

 さらなる今後の活動が気になる、偉大なギタリストのお一人です。


アウト・オブ・タイム(25周年デラックス・エディション)(完全限定盤)



関連記事
スポンサーサイト




 | ホーム |