FC2ブログ

プロフィール

BlackDog

Author:BlackDog
 四十代。妻子持ちの普通のおっさんによる、趣味のエレキギターblogです。


カレンダー

09 | 2019/10 | 11
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

最新記事


カテゴリ


最新コメント


月別アーカイブ


FC2ブログランキング


BLOG RANKING


ブログ村

にほんブログ村 音楽ブログへ
にほんブログ村 にほんブログ村 音楽ブログ ギターへ
にほんブログ村

PR

忍者AdMax

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
音楽
91位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
ギター
5位
アクセスランキングを見る>>

定番フレーズ95

 ギター練習に役に立ちそうな練習フレーズ95回目。


 今回はコード演奏に続いてアルペジオという良く使われがちなフレーズの練習です。


DE0.jpg

 今回使用するコードは開放弦を絡めた”E”と”D”。

 これだけです。


 これを押さえて鳴らすというだけならば、大抵の方が簡単に出来る事でしょう。

 しかし、これをジャカジャカ鳴らすだけでは面白みが無いという事で、通常よく使われるのがこんな形。


TAB388.jpg

 コードを鳴らした後に、そのまま高音源のアルペジオへ。

 フレーズというよりも、熟練者の方が手癖の様に行う演奏だと思います。


 これをEとD交互に行う訳ですが、問題は(軽めの)コードストロークから、単弦弾きへ。そしてまたコード演奏へと如何に円滑に移れるかという部分ではないかと思います。

 適当に演奏しても様になるものでもありますが、ここは上記TABを正確に演奏出来るようチャレンジしてみて頂きたいです。


 さて今からコードを弾きますよ。今からアルペジオを弾きますよ。と構えればどうにかなるものでも、これを連続して自然に弾きこなそうとするのは意外と難しいものであるかと思います。

 しかし、これも練習次第。


 基本的なコードストロークの動きや(弦移動を含めた)単弦ピッキングの基礎的な練習がしっかり行えていれば、あとはコード演奏と単弦ピッキングの移り変わり部分の慣れの問題だと思います。


 それでもどうも演奏が怪しいとなるのならば、今一度コード演奏の練習やスケール練習に立ち戻ってみると上手く演奏出来る様になるのではないかと思います。


 普段あまり使わない様な色々なコードで試してみるのも良い練習になると思います。


tc electronic リバーブ SKYSURFER REVERB



関連記事
スポンサーサイト




 | ホーム |