FC2ブログ

プロフィール

BlackDog

Author:BlackDog
 四十代。妻子持ちの普通のおっさんによる、趣味のエレキギターblogです。


カレンダー

12 | 2020/01 | 02
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

最新記事


カテゴリ


最新コメント


月別アーカイブ


FC2ブログランキング


BLOG RANKING


ブログ村

にほんブログ村 音楽ブログへ
にほんブログ村 にほんブログ村 音楽ブログ ギターへ
にほんブログ村

PR

忍者AdMax

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
音楽
58位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
ギター
2位
アクセスランキングを見る>>

ローカットスイッチ付きの”SOVIET TANK” 【Formula B Elettronica 】

 ヴィンテージエフェクターの復刻を得意とするイタリアブランド「Formula B Elettronica」が開発したロシア製クラシックMuffクローンペダルが石橋楽器さんの方に入荷しております。





Formula B Elettronica / SOVIET TANK Deluxe


 その名も「SOVIET TANK Deluxe」。

 元々、一般的な形の筐体で発売されていた「SOVIET TANK」ペダルを木材を組み合わせた独特の筐体へと進化させ、さらに機能を追加したものがこちらのDeluxeモデルであります。





Formula B Elettronica / SOVIET TANK Deluxe


 その戦車を思わせる独特な外観と木材フレーム。

 サウンドを含め、まさに重厚感溢れる逸品です。





Formula B Elettronica / SOVIET TANK Deluxe


 中身の方はもちろん、Sovtek時代のアーミーグリーンマフを再現したもの。

 近年、本家Electro-Harmonixからも復刻品が幾つか発売されている人気のクラシックマフです。


 クリーミーで重厚なサウンドが特徴のロシアンマフでありますが、本機Deluxeはさらにそのサウンドの幅を広げるべくローエンドの”CUT”スイッチを搭載する形となりました。

 幅広いトーンコントロールも魅力とされる本機でありますが、低音が出すぎると感じる場合には、このスイッチが役に立つ事でしょう。




 ※ 動画のSOVIET TANKはLow Cutスイッチの搭載されていないノーマルモデルです。

 動画で確認しましても、オリジナルとほぼ変わりないその迫力。

 オリジナルの大型筐体も迫力がありますが、SOVIET TANKの独自筐体も負けてはいないと感じます。


 「SOVIET TANK Deluxe」は乾電池駆動にも対応した製品ですが、電池交換の際には木材フレームを外す必要があります。

 その点ご注意下さい。





Formula B Elettronica / SOVIET TANK Deluxe




業界No.1のインターネット楽器販売専門サイト石橋楽器店!
関連記事
スポンサーサイト




 | ホーム |