FC2ブログ

プロフィール

BlackDog

Author:BlackDog
 四十代。妻子持ちの普通のおっさんによる、趣味のエレキギターblogです。


カレンダー

04 | 2020/05 | 06
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

最新記事


カテゴリ


最新コメント


月別アーカイブ


FC2ブログランキング


BLOG RANKING


ブログ村

にほんブログ村 音楽ブログへ
にほんブログ村 にほんブログ村 音楽ブログ ギターへ
にほんブログ村

PR

忍者AdMax

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
音楽
55位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
ギター
2位
アクセスランキングを見る>>

ちょっとした小技77

 知っていると、少しだけためになるかもしれない小技。


 今回はギターの上達とは何か?

 そんな考え方をテーマとする話を小技とさせて頂きます。


 ギター愛好家の皆様が自分の腕が上達したと感じるのはどんな時でしょう?


 これが弾いてみたいと思った曲やフレーズ。

 今まで弾けなかったものが弾ける様になった時でしょうか?


 今まで弾けなかったものが弾ける様になる。

 すなわちこれは上達したと考えても間違いない事で、何時になってもそれは非常に楽しい瞬間でしょう。


 しかしここで今一度冷静になって考えてみますと、果たして本当に”弾ける様になった”のか?

 ギターを長く続けていれば続けている程そんな疑問にぶつかる事もあるものだと思います。


 ここで一つ試して頂きたいのは、何かしらのフルコードをジャランと鳴らす行為。

 初心者の方でも問題なく出来る事です。

 鳴らすコードは何でも良いです。

 まず、各弦を正確にチューニングし、ゆっくりで構いませんので正確な押弦を行い、そして弾いてみるだけです。


 恐らく、音楽や音が嫌いなのにもかかわらず、ギターを愛好している人は居ないと思いますので、綺麗にギターコードが鳴ったその音を聞くだけで心躍るような楽しさを感じられるのではないかと思います。


 なぜこれだけで楽しいのかと言えば、多分それは貴方が音というものの不思議に興味がある人だからでしょう。

 ましてやその音を自分の手で操っている。

 これぞギター演奏の醍醐味とも言える瞬間がそこにあるからだと思います。


 しかし、この楽しみは正確な音を和音として操れたからこそ生まれる楽しみであります。

 調律が狂っていたり、押弦の不備があれば、楽しみは半減どころか、不快と感じる音になってしまったりもします。


 全ては、ギターという楽器を正しく操作できたからこそ味わう事の出来る楽しみだと言う事です。



 さてここで考えて頂きたいのは、これが曲やフレーズの演奏となった場合です。

 本当に上手く演奏出来るでしょうか?


 最初に申しました様に、目標とする曲なりフレーズをクリア出来た時点で上達していることに間違いはありません。

 ただし、正確に鳴らそうと意識してコードを弾いた時のように、一つ一つのリフやフレーズが上手く演奏出来ているでしょうか?


 余程の上級者でもない限り、多くの場合が難しい運指やピッキングに気を取られてばかりで、綺麗な音は鳴っていないものだと思われます。


 愛好家の皆様ならばよくご存じの通り、ギターという楽器は左右の手の連携がほんの僅かズレるだけで正しく鳴らないものです。

 正しい押弦と正確なピッキング、そして双方のタイミングがしっかり合う事が求められる難しい楽器であります。

 ですが、ギターは”楽器”という音を操る物である以上、先ほどのコードを鳴らした時の様に正確な音が曲やフレーズにも求められているのです。


 そう考えた上で今一度、弾けるようになったのか?と考えてみると、自然と次の課題が見つかってくるのではないかと思います。


PRS SE Custom24 Charcoal Burst エレキギター ポールリードスミス(Paul Reed Smith)



関連記事
スポンサーサイト




 | ホーム |