FC2ブログ

プロフィール

BlackDog

Author:BlackDog
50代。妻子持ちの普通のおっさんによる、趣味のエレキギターblogです。


カレンダー

06 | 2020/07 | 08
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

最新記事


カテゴリ


最新コメント


月別アーカイブ


FC2ブログランキング


BLOG RANKING


ブログ村

にほんブログ村 音楽ブログへ
にほんブログ村 にほんブログ村 音楽ブログ ギターへ
にほんブログ村

PR

忍者AdMax

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
音楽
57位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
ギター
3位
アクセスランキングを見る>>

定番フレーズ102

 ギター練習に役に立ちそうな練習フレーズ102回目。


 前回は、速めのテンポ指定という少々難易度高めの練習フレーズでしたが、上手くこなせましたでしょうか?

 中には多少テンポが遅ければなんとかなるが、速くなると全くダメという方もいらっしゃったのではないかと思います。


 そこで今回は、速いフレーズを弾きこなすために必ず必要な右手ピッキング動作の習熟を目指して、少し変わったピッキング練習を行ってみたいと思います。


TAB414.jpg

 練習する内容はと言いますと、これまで何度も出てきた様な簡単なオルタネイト(テンポが速ければマシンガン)ピッキングの練習フレーズです。

 これを今回、”とにかく遅く”弾いていただきます。

 ただそれだけ。


 特にテンポ〇〇でとは指定しませんが、普段何気なく弾けるテンポよりも意図的にかなりゆっくりこのフレーズを弾いて頂きたいと思います。


 速いフレーズが弾けない(ピッキングが上手く行かない)のに、何故超スローなピッキングの練習をするのか?

 そう疑問に感じる方もいらっしゃると思います。


 理由をご説明する前に、まずは一回この超ゆっくりオルタネイトピッキングをやってみて頂きたいです。


 どうでしょう?上手く行きましたでしょうか?


 前回のお題のような速いピッキング(+弦間移動)が無理なくこなせるかたは、おそらくこのお題も簡単にこなせるものだと思います。

 逆に、速いフレーズ(ピッキング)が苦手、どうも上手く行かないという方は、この超スローも結構厳しいのではないかと思います。


 それは何故かと言えば、ピッキング動作が幾ら円滑に出来たとしても、それを支える土台が不安定であれば安定したピッキングは不可能であるからです。

 ピッキング動作というと、もちろん円滑なピックの振り(右手の運動)が必須でありますが、それと同時に動かした右手を一定の位置に保持する能力(力)が必要。


 土台がふらついていては、幾ら淀みないピックの振りが出来たとしても安定して弦を弾き続けることは不可能なのです。


 ピッキングをする右手をいかに安定させられるか?

 これは、速いピッキングを行う場合でも、超スローなピッキングでも同じ様に必要です。

 すなわち、超スローなオルタネイトピッキングを行う事で、右手を一定の位置に保持する意識を持ち、その為の力を養おうというのが今回の練習の目的です。

 (ゆっくりとしたピッキング動作の際に、”予め弦にピックを当てた状態から降りぬく”というやり方もありますが、この練習の場合にはそうせず、通常のオルタネイトピッキングで行って頂きたいです。)


FERNANDES スリップレス ギターピック P-100SL/Medium トライアングル 白 6枚セット



 
 意識すべきは、ピックを振る位置を安定させる為に右手をどのあたりに持っていき、またいかに安定させるか。

 ピックを振る動作はとにかくゆっくりですので、それ自体特に筋力的負担は感じない筈です。

 しかし、右手の安定を意識し、よりよく弦を弾こうとすると、意外なことに超スローテンポにもかかわらず結構短時間でも意外と疲れる(筋力的負担を感じる)ものだと思います。

 つまりこの状態は、右手を任意の位置に安定させる為、筋力を使っているという事であります。

 それを鍛えるのが一つの目的です。


 しかし、ガチガチに力の入った状態で演奏するというのは、多くの場合タブー。避けるべき事ですので、この右手安定動作が無理なく出来る様になるのが目標であります。


 これが少し出来る様になったとしても、またそこからテンポアップ、且つ脱力した状態で右手の安定を図る。という更なる練習が必要になると思いますが、まずはここから。

 ゆっくりとしたテンポで安定したピッキングを出来る様練習してみるとテンポが変わっても対応出来るようになっていくのではないかと思います。


 実際やってみるとお分かり頂けると思いますが、超スローのオルタネイトピッキングは本当に結構難しいものです。


The EFFECTOR BOOK Vol.48 (シンコー・ミュージックMOOK)



関連記事
スポンサーサイト




 | ホーム |