FC2ブログ

プロフィール

BlackDog

Author:BlackDog
50代。妻子持ちの普通のおっさんによる、趣味のエレキギターblogです。


カレンダー

08 | 2020/09 | 10
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

最新記事


カテゴリ


最新コメント


月別アーカイブ


FC2ブログランキング


BLOG RANKING


ブログ村

にほんブログ村 音楽ブログへ
にほんブログ村 にほんブログ村 音楽ブログ ギターへ
にほんブログ村

PR

忍者AdMax

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
音楽
63位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
ギター
3位
アクセスランキングを見る>>

ちょっとした小技80

 ギター演奏をする上で欠かせない技術の一つにコード演奏がありますが、今回はその為に必要な”コードを押さえる/コードチェンジ”を練習する上で押さえておきたい一つのポイントを今回のちょっとした小技とさせて頂こうかと思います。


初心者だって大丈夫! コードが自分で作れちゃう! 指板図くんのギター・コード講座




 一口にギターコードと申しましても、それには押さえるのが比較的簡単なものから、押さえる事自体困難なものまで様々ありますが、どんなものでも初めはコードを押さえるという行為自体難しいものであります。

 よって、ギターコードを押さえる練習をする訳ですが、皆様はどんなことに気を付けて練習をなさっていらっしゃいますでしょうか?


 鳴らすべき全ての弦が奇麗に鳴り、かつ変に力が入っておかしなピッチにならない様に。


 きっと理想はその辺りなのですが、もっと単純にテンポに合わせてさっとコードチェンジが出来る様にというのがまず第一歩なのだと思われます。


 では、円滑にコードチェンジを行える様になる為に、どんな練習をしたら良いのかと申しますと、これもやはり単純に”数をこなす”という方法が一般的なのではないかと思います。

 逆に言えば、反復練習以外の何がある。と言う話なのですが。


 以前から当ブログでも色々と言及してきましたが、円滑なコードチェンジに必要なものとして、まず覚える事。

 これはいちいち確認せずともコードの形を自然と形に出来るよう、”頭で覚える”という意味と感覚的な慣れの部分、”手がその形を覚える”という様な意味でもあります。

 さらに、日常ほとんどしない様な手の形(コードフォーム)をしながら適当な力で押弦しまたそれをキープするための筋力。

 そして、無駄な力が入らない為にも手指の柔軟性というものも必要です。


 こうして考えますと、頭で覚えるという部分は意外とあっさり習得出来たとしても、他の部分はやはり反復練習が必要な課題であるというのが分かります。


ギターコードとスケールの覚え方 CAGED SYETEM & MORE: ギターの指板全域のコードとスケールの仕組みが簡単に分かる ギターのコード理論と指板




 では、とにかく懸命に一つのコードを押さえる練習をしていれば良いか?というと、おそらく多くの方がそうではないと考える筈です。

 事実、一つのコードフォームをいくら練習しても、(そのコードに対する)コードチェンジが上手くなるかというとそうでもありません。


 以前の小技でもお話しましたが、コードを押さえるその前に、コードフォームの形に行き着くまでの手の動き、言うなれば”指の移動力”も同時に鍛えなければ、一つのコードフォームでさえ円滑に押さえるというのは不可能なのです。


 前置きが相当長くなりましたが、今回の小技はここから。

 以上を踏まえた上でコードチェンジの練習をする上で考えておきたいポイント。

 簡単に言えば、”ゆっくりコードフォームを押さえる練習だけをしていても、それだけではなかなか上達しない。”という事であります。


 確かにゆっくり確認しながらコードを押さえるというのも必要な練習だと思います。

 しかし、それだけでは先ほど言いました”指を指定の場所に移動させる力”がなかなか養われないのです。

 この力が不足していれば当然、普段は結構コードを押さえられる様になってきたのに、他の楽器や音源と一緒に演奏しようとするとまるで駄目(円滑なコードチェンジが出来ない)という様な事が起こります。


 つまり、コードを押さえる練習だからと言って”コードチェンジの速さ”を度外視して練習してしまうと、いくらそのコードを押さえられる様になってきたと言っても実用的ではない状態にしかならないという訳です。


 バンドを組んだりしている方であれば、コードチェンジが上手かろうがそうでなかろうが、周りに合わせて強制的にコードチェンジを繰り返していくしかなくなりますので、自然と速いコードチェンジの練習(指の移動力の強化)が出来たりもするのですが、一人でコツコツやっている方だとなかなか上達出来ないという状況に陥ったりもするかと思います。


 しかし、なかなか上達し難い理由が分かれば後は簡単。

 メトロノームなり何なりで、一定のテンポを与えてやった状態で反復練習をすれば良いだけです。


 逆に普段からアーティストの演奏をコピーして音源に合わせて弾くのが主な練習という方は、こんな事を考えなくともどんどん上達していくのかもしれません。

 ですが、普段あまり使わない様なコードを練習する時には、指の移動力鍛錬を含めた反復練習という考え方を念頭に置いて練習すると良い結果が導き出されるものだと思います。


 コードを押さえる、またはコードチェンジが苦手という方はしばらく”テンポを速めて”練習してみると効果的だと思います。


Bacchus Universe Series TACTICS-BP/R BK-B(ブラックバースト) ・バッカス/バールポプラトップ仕様・テレキャスタータイプ



関連記事
スポンサーサイト




 | ホーム |