FC2ブログ

プロフィール

BlackDog

Author:BlackDog
50代。妻子持ちの普通のおっさんによる、趣味のエレキギターblogです。


カレンダー

09 | 2020/10 | 11
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

最新記事


カテゴリ


最新コメント


月別アーカイブ


FC2ブログランキング


BLOG RANKING


ブログ村

にほんブログ村 音楽ブログへ
にほんブログ村 にほんブログ村 音楽ブログ ギターへ
にほんブログ村

PR

忍者AdMax

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
音楽
47位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
ギター
3位
アクセスランキングを見る>>

気になるギタリスト103

 今回の気になるギタリストは、本コーナー初めて2回目の登場となる方です。


Van Halen A Visual Biography




 既に多くのロックファンが衝撃的なニュースとしてご存じの事とは思いますが、去る10月6日、ロックギター界の革命児「エドワード・ヴァン・ヘイレン」が喉頭がんのためにこの世を去りました。

 65歳でした。


 2000年に発見された舌癌は完治したとされていましたが、実はその後転移が見つかり、ここ10年は様々な癌との闘病生活が続いていたそうです。


Van Halen




 彼がロック史に残したものは数知れず、今更説明不要とも言うべきロックスター。


 ライトハンド(タッピング)奏法、ハミングバードピッキング、フランケンシュタイン(ギター)・・・


 彼の大ファンではなくとも、ギター愛好家が必ず知っている様なワードを多く生み出して来たエディ。

 ギター教則本にライトハンド奏法が紹介される度、彼の名も同時に載り続けるでしょう。

 そして、それはこれからもずっと続いていくのだと思います。


ベスト・ライヴ・イン・USA [DVD]




 類まれな才能とセンスとで、80年代にまさしく世界を席巻した彼のギタープレイ。

 どれだけ多くのギタリストの人生を狂わした事でしょうか。

 それはもちろん良い意味ででありますが。


 その証拠に、今現在プロで活躍する多数のギタリストに「エドワード・ヴァン・ヘイレン」の幻影を見ることが出来ます。


1984




 80年代の煌びやかさに比べれば、最近のVAN HALENの活躍は少し大人しく見えていたかもしれません。

 しかし、よく考えてみればヴォーカルの「デイヴィッド・リー・ロス」以外の3人は全て血縁者(※)という非常に幸せな形のバンド活動だった様に思えます。

 ※ G エドワード / B ウォルフガング(息子) / Ds アレックス(兄)


Balance




 それこそロックギター史/エレキギター史を塗り替えたと言っても過言ではない、彼ほどのギタリストでもこうした日が訪れるというのは分かってはいました。

 ただ、それが早いか遅いかだけ。


 しかし、今回の事があまりにも突然で、あまりにも早く感じるのは、彼が残した功績の大きさよりも、最近のVAN HALENの姿をもっと見ていたいと思っていたからなのだと思います。


 数々のステージやPVの中で見せていた、印象的なエディのあの笑顔。

 元妻で女優の「ヴァレリー・バーティネリ」は追悼の言葉の中で、エディは闘病中ずっと「あのいたずらっ子のような笑顔を保ち続けた」と言っていたそうです。


 偉大なギタリストよ永遠に。
 

ライヴ・イン・ジャパン



関連記事
スポンサーサイト




 | ホーム |