FC2ブログ

プロフィール

BlackDog

Author:BlackDog
50代。妻子持ちの普通のおっさんによる、趣味のエレキギターblogです。


カレンダー

09 | 2020/10 | 11
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

最新記事


カテゴリ


最新コメント


月別アーカイブ


FC2ブログランキング


BLOG RANKING


ブログ村

にほんブログ村 音楽ブログへ
にほんブログ村 にほんブログ村 音楽ブログ ギターへ
にほんブログ村

PR

忍者AdMax

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
音楽
47位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
ギター
3位
アクセスランキングを見る>>

定番フレーズ104

 ギター練習に役に立ちそうな練習フレーズ104回目。


 今回は、速めの単弦ピッキングと左手の連携を練習する為のこんなフレーズ。


TAB431.jpg

 パッと見ただけである有名なバンドのあの曲だと分かってしまいそうなフレーズでありますが。(一応キーは全然違います)

 これ程ピッキングの練習になるフレーズも珍しいと思いますので、是非チャレンジして頂きたい内容です。


 ポイントと致しましては、頭の5弦5フレットを弾いた後の次の音はハンマリングで発音。

 つまり空ピッキングが一回入ることになります。


TAB432.jpg

 最後の部分を除き、すべて上記3音の繰り返しとなりますので、自然と空ピッキングが上下反転していく形となります。

 しかし、頭で考えるよりも、実際に演奏して感覚を掴んでみて頂くほうが良いかもしれません。


 はじめはもちろんゆっくりとしたテンポでかまいませんが、最終的にはテンポ200以上で演奏出来るよう練習してみると良いでしょう。

 かなりの右手ピッキング動作の鍛錬になると思います。


 テンポが速くなれば速くなる程、当然空ピッキングを含めコンパクトにブレなくピックを振らなければなりません。

 その上、正確に弦を弾くとなるとなかなか大変なものであります。


 どうしてもテンポが上げられないという場合には、もう一度基本的なオルタネイトピッキングマシンガンピッキングなどを徹底的に訓練してから臨むと良いかと思います。

 左手の連携が上手く行かない場合には、ハンマリング⇔プリングの繰り返し”トリル”の練習をもう一度やり直してみると良いと思います。


 最終的には、どこまで速く正確に弾けるか?チャレンジしてみるのも良いと思います。


Revol effects レヴォルエフェクツ エフェクター リバーブ ThreeVERB ERV-01



関連記事
スポンサーサイト




 | ホーム |