FC2ブログ

プロフィール

BlackDog

Author:BlackDog
50代。妻子持ちの普通のおっさんによる、趣味のエレキギターblogです。


カレンダー

10 | 2020/11 | 12
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

最新記事


カテゴリ


最新コメント


月別アーカイブ


FC2ブログランキング


BLOG RANKING


ブログ村

にほんブログ村 音楽ブログへ
にほんブログ村 にほんブログ村 音楽ブログ ギターへ
にほんブログ村

PR

忍者AdMax

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
音楽
34位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
ギター
3位
アクセスランキングを見る>>

ちょっとした小技81

 今回の小技は、カッティング/コードストロークを上達させる為に必要なちょっとした練習法です。


 人間、やったことがない事をいきなり上手にこなせる等ということはほぼありえない話だったりします。

 中には全く違う競技にチャレンジする場合に、以前練習したことのある競技が(鍛えた事のある身体能力が)役に立つという場合もあったりもしますが、何事も未経験のものが初めから上手く行くという事はほとんど無いのです。

 ギター演奏に関しましても、身体を使う作業でありますから、上手く行うには経験も練習も必要になります。


 しかし、何年も丹念に練習したつもりでも、なかなか上達しない。

 特に、コードストローク/カッティングが何時までたっても上手くならないという話しを良く耳にします。


 一度に複数の弦を正確に押さえるコード演奏は確かに難しいものですが、なんども繰り返し練習していけばやがてはそれなりのコードフォームを作れる様になっていくはずです。

 それでも実際に演奏してみるとミスが多かったり上手く行かない。


 そもそも、ギターを弾くという練習を積んでいる上で、コードストローク/カッティングの練習もしている訳ですから、最初に行った様なやったことがない事が上手く行っていないというケースでもありません。

 それなのに何故なかなかコード演奏が上達しないのか。


 もしかしたらそれは、”速いテンポでのコードストローク/カッティング練習をしていないから”。

 なのかもしれません。


 唯でさえ複雑なコードを押さえるという作業。

 またそれを正確にという事ばかりを考えてしまうあまり、ゆっくりとコードを押さえ、鳴らす。

 そういった練習も大切だとは思いますが、こればかりをやっているとなかなか素早くコードを押さえたり、速いコードチェンジは身に付き難いものであります。


 何故ならば、演奏中に必要なタイミングで手をコードフォームの形にするというのにも、その指を移動させるための筋力が必要であるからです。

 ゆっくりとコードフォームを形づくる事は出来る様になっていても、素早くコードフォームを形づくる場合には必要な筋力が不足しているという事であります。


 同時に、押弦のON/OFFもテンポに合わせて素早く出来なければなりません。

 これもゆっくりコード演奏しているだけではなかなか身につかないものであります。
 
 単音弾きなら結構速いテンポでも対応出来るという方でも、コードとなるとまた難しかったりもするのです。


 ギター歴は長いのにカッティングは大の苦手。

 もしそんな方がいらしゃいましたら、コードをじゃらーんと鳴らすばかりでなく、時にはコードチェンジ含め徐々にテンポアップしながらコード演奏の練習をしてみると良いと思います。


 これはコード演奏に限った事ではないのですが”速いテンポでの演奏”をした事がなければ、それは出来なくて当然のことなのであります。


ammoon オーバードライブ ギターエフェクター クラシック トゥルーバイパス 原音保持 2つのトーンスタイル POCKDRIVE



関連記事
スポンサーサイト




 | ホーム |