FC2ブログ

プロフィール

BlackDog

Author:BlackDog
50代。妻子持ちの普通のおっさんによる、趣味のエレキギターblogです。


カレンダー

12 | 2021/01 | 02
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

最新記事


カテゴリ


最新コメント


月別アーカイブ


FC2ブログランキング


BLOG RANKING


ブログ村

にほんブログ村 音楽ブログへ
にほんブログ村 にほんブログ村 音楽ブログ ギターへ
にほんブログ村

PR

忍者AdMax

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
音楽
34位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
ギター
3位
アクセスランキングを見る>>

ササフラスボディの”MTL” 【momose】

 「momose」ブランドのテレキャスタータイプモデル”MTL”をベースに、希少な材を用い作り上げたという限定モデルが発売になりました。


momose Limited Edition MTL・SS-LTD/M (NAT) [希少材”ササフラス”1Pボディ採用!] 【1月22日入荷予定】




 希少な”ササフラス(Sassafras)”材をボディに採用。(しかも贅沢な1ピース素材)

 momose 「Limited Edition MTL・SS-LTD/M」です。



 まずこの”ササフラス”という素材に関してですが、見た目も特性もギター材としてメジャーな”アッシュ”材によく似た性質をもつ木材であります。

 (気乾比重 : アッシュ 0.7、 ササフラス 0.50)

 ササフラスはアッシュに比べると柔らかく、音質的にはややウォームな傾向が生まれるそうです。

 現在ではあまり聞きなれない素材ではありますが、ソリッドモデルのみならず、エレクトリックアコースティックギターの素材としてもギター材として幅広く使われてきた材であります。


 そもそもこの”ササフラス”は世界初のソリッドボディエレクトリックギターとしてFenderが”ブロードキャスター”を開発する時に、ボディ素材として候補に挙がった木材だと言われています。

 結果的にアッシュ材が用いられ、初期テレキャスターへとその歴史は紡がれてきた訳でありますが、もしあの時ササフラスが採用されていれば、現代ではササフラスがギター材としてひとつの定番素材となっていたのかもしれないのです。


momose Limited Edition MTL・SS-LTD/M (WBD) [希少材”ササフラス”1Pボディ採用!]




 そんなエレキギターの歴史にも深い関わりを持つ稀少材を贅沢に使った今回の一品。

 今や希少材という扱いになってしまったササフラスの中でも、特に質の良い素材が使われたであろうというのは、美しい木目を見た時点で理解出来る、大変クォリティの高いお品物となっております。


 歴史の流れが違えば、これが定番の形だったのではないか。

 そんな想像を掻き立てさせる、ロマン溢れるテレキャスタータイプモデルだと思います。


 ※ ササフラスボディのストラトキャスタータイプも発売中


momose Limited Edition MST・SS-LTD/M (NAT) [希少材”ササフラス”1Pボディ採用!] 【1月23日入荷予定】 【ikbp5】






楽天市場
関連記事
スポンサーサイト



おもしろグッズ87

 ギターにまつわるちょっとおもしろいグッズ。


 今回のおもしろグッズは、見た目からしておもしろいこんなお品物。


Fコードティーチャー




 なんと、運指を行う方の手を用い、この物品の形にそって握るだけで”F(フル/バレー)コード”が上達してしまうという一品。

 その名もズバリ「Fコードティーチャー」という製品です。


 開発したのは、多種多様な業界のプロ達が出したアイディアを製品化するブランド「PROIDEA」。

 ちなみにこのFコードティーチャーもミュージシャンの「きりばやしひろき」氏のアイディアにより生まれた製品なのだそうです。


ギターのFコードの練習に Fコードティーチャー アコースティックギター エレキギター トレーニンググッズ ギター女子 軽音楽部 0070-4011-00【RCP】




 本体にはFコードの理想的な形を手に憶えこませる様、立体的なくぼみが設けられており、そのくぼみに合わせて手指を上手く配置するだけ。

 さらに、指の先端など各部に穴が開いており、これを上手く指で塞げているか確認することにより、正しい押さえ方が出来ているか分かる仕組みになっております。


 ギターコードの中では基本と言える形ではありますが、初心者にとっては一つの難関とも言えるFコード。

 押さえ方のコツでもある、”人差し指の側面を使う感覚”や”薬指や小指を立てる”感覚、ネック裏でささえる親指の位置など、写真などを見ただけでは分かりずらい点もこんな器具があればすぐさま理解出来る事でしょう。


 さらにこの器具を繰り返し握りこむ事で、実際にギターを使っている時と同じようなギター筋増強にも役立つ優れもの。

 見た目はユニークな製品ですが、流石プロがアイディアを出した品だけあってその実大変真面目なアイディアグッズであると思います。


 なんでも作れば良いというものでもありませんが、小指で5弦ルートを押さえる(メジャーコード)形の製品もあっても良いかもしれませんね。


PROIDEA Fコードティーチャー トレーニングツール



関連記事

”AZ”シリーズ、シングルカッタウェイモデル発売 【Ibanez】

 「求める音」を形にする次世代スタンダードを目指す「Ibanez」”AZ”シリーズから、テレキャスターをイメージさせるシングルカッタウェイモデルが新発売になります。





Ibanez / AZS2200-BK(Black) 《予約注文/2021年夏頃入荷予定》


 2021年夏ごろ発売予定のシングルカッタウェイモデル、Ibanez 「AZS2200」です。


 エレキギターの基本形とも言えるシングルカッタウェイボディを採用する事で、基本に立ち返った様なシンプルな形・・・とはなっておりません。

 まず、ネックポジションのピックアップはSeymour Duncan製のミニサイズハムバッカー(Magic Touch mini)。

 リアポジションはテレキャスター同様のブリッジプレート状のものにマウントされたシングルコイルでありますが、ブリッジはシンクロナイズドトレモロが搭載されておりますので、ピックアップマウントはブリッジプレートという訳ではありません。





Ibanez / AZS2200F-STB(Sunset Burst) 《予約注文/2021年夏頃入荷予定》


 リアピックアップをマウントする為だけに配置された金属製プレートの上に搭載されています。

 (ブリッジピックアップは、Seymour Duncan Alnico II Pro Custom)


 トラディショナルスタイルかと思えば、実はそうではないという、かなり個性的な仕様となっております。





Ibanez / AZS2200-BK(Black) 《予約注文/2021年夏頃入荷予定》


 さらに、コントロール部分もピックアップセレクターとTone、Volumeに加え、”dyna-MIX w/Alter switch”というミニスイッチによる音色コントロールシステムを搭載。

 ピックアップセレクターとミニスイッチの組み合わせにより、計5種類のピックアップ動作モードを選択する事が可能になっています。





Ibanez / AZS2200F-STB(Sunset Burst) 《予約注文/2021年夏頃入荷予定》


 アルダー材で形作られるボディ部分は、背面も個性的です。

 大きめのバックコンター加工にハイフレットでの演奏性を高める”Super All Access”ネックジョイントを採用。

 デザインはクラシカルでも、機能性は現代的なボディデザインとなっております。





Ibanez / AZS2200-BK(Black) 《予約注文/2021年夏頃入荷予定》


 AZシリーズと言えば、その売りの一つであるのがネック素材。

 本モデルも従来機同様”S-TECH WOOD”のローステッドメイプル仕様となっております。

 指板面も同じくS-TECH ローステッドメイプル。

 環境変化に強い安定性のある素材という事で、ネック調整の手間を減らしてくれる素材とも言えるでしょう。


 チューナーは、Gotoh製のロック式、マグナムロックを採用。

 各ポストの高さ調整が可能な”H.A.P(Height Adjustable Post)”対応型です。





Ibanez / AZS2209H-TFB(Tri Fade Burst) 《予約注文/2021年夏頃入荷予定》


 さらには、アッシュボディ採用でノントレモロ、個性的な形状のピックガード搭載型「AZS2209H」も同じく夏頃発売予定。


 シングルカッタウェイでもテレキャスターと一味も二味も違うIbanez ”AZS”。

 これもまた熱烈なファンを生みそうな新機種だと思います。





Ibanez / AZS2200F-STB(Sunset Burst) 《予約注文/2021年夏頃入荷予定》
 



エレキギターなら石橋楽器店!
関連記事

 | ホーム |  次のページ»»