FC2ブログ

プロフィール

BlackDog

Author:BlackDog
50代。妻子持ちの普通のおっさんによる、趣味のエレキギターblogです。


カレンダー

05 | 2021/06 | 07
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

最新記事


カテゴリ


最新コメント


月別アーカイブ


FC2ブログランキング


BLOG RANKING


ブログ村

にほんブログ村 音楽ブログへ
にほんブログ村 にほんブログ村 音楽ブログ ギターへ
にほんブログ村

PR

忍者AdMax

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
音楽
46位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
ギター
3位
アクセスランキングを見る>>

定番フレーズ109

 今回の定番フレーズは、フレーズというより完全に練習メニュー的な内容です。


TAB464.jpg

 今回弾いていただくのは、かなり以前の定番フレーズで出てきたこんなメニュー。

 人差し指と薬指を交互に押弦を繰り返すだけという、ある意味なんの面白みもない練習です。

 無理なテンポでなければ左程苦労せず弾ける内容だと思います。


 しかし、これをオルタネイトピッキングとバッチリタイミングを合わせ、出来るだけ長く弾き続けようと考えるとなかなか大変です。


 まずは、自身がどれだけ左右の手の動作を合わせられるのか?確認してみると良いでしょう。
 

TAB465.jpg

 同様に、押弦が人指し指+小指になるパターンでも確認してみて下さい。

 大体の方が人指し指+薬指パターンの時よりもミスが増えるのではないかと思います。


TAB466.jpg

 さらに、出来る限りテンポを上げてみようとすると、途端に難易度があがると思います。

 当然、速いテンポでの安定したオルタネイトピッキング(/マシンガンピッキング)が要求されますし、それに合わせて押弦動作もできなければなりません。

 どちらかの動作一つが出来れば良いという訳ではなく、ピッキングと押弦がぴったりと合わなければすぐに滅茶苦茶になってしまうことでしょう。


 言うなれば、こんな動作が出来る様になる為に様々な鍛錬、練習を繰り返す訳ですが、自分はどこまで上達しているのか?を測る上でこの様なフレーズを弾いてみると今の実力が良く分かるものだと思います。

 ある一定以上のテンポになると全くダメという状態ならば、おそらくそのテンポ以上の速いフレーズは弾けない(/弾けていない)という事になると思います。


 左右の手が連携可能なテンポの限界が分かれば、あとはそれをもっと速く上手に演奏出来るよう練習するだけ。

 上記フレーズをそのまま繰り返し(テンポを上げていく)練習しても構いませんし、他のピッキングや運指強化フレーズをさらに取り組んでみても良いでしょう。


 トリルをするだけならなんとなく誤魔化せても、ピッキングと押弦をぴったり合わせるのは実は相当難しいというのが良くわかるフレーズだと思います。


GOKKO AUDIO エフェクター ペダルボード バッグ付き (350x270x50MM)



関連記事
スポンサーサイト




 | ホーム |