fc2ブログ

プロフィール

BlackDog

Author:BlackDog
50代。妻子持ちの普通のおっさんによる、趣味のエレキギターblogです。


カレンダー

01 | 2024/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 - -

最新記事


カテゴリ


最新コメント


月別アーカイブ


FC2ブログランキング


BLOG RANKING


ブログ村

にほんブログ村 音楽ブログへ
にほんブログ村 にほんブログ村 音楽ブログ ギターへ
にほんブログ村

PR

忍者AdMax

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
音楽
57位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
ギター
3位
アクセスランキングを見る>>

ちょっとした小技107

 知っていると、少しだけためになるかもしれない小技。

 かなり昔、初心者の方がエレキギターを買う際にどの様な点に注目して選んだら良いか、ギター各部の違いなどを記事にしたことがありますが、あれから随分と年月も経ち、ギター選びの基準も色々と変わって来たのではないかと思います。

 そこで今回の小技は、初心者・熟練者問わず、今ギターを選ぶ際にどの様な点に注目するか?そんな話題で行ってみたいと思います。


 多くの時間を共に過ごすであろう一本を選ぶ際、やはりその恰好が大事。

 そういった意見も今だ根強いのではないかと思います。

 好きなモデル、好きなボディシェイプである事が最重要ポイント。


Fender エレキギター Player Mustang® 90, Maple Fingerboard, Seafoam Green




 欧米人の様に身体が大きくないので、立って構えた際の自分を含めたビジュアルを考えるとムスタングの様な小型モデル一択。

 そんな方もいらっしゃるかもしれません。

 もちろんこんなギターの選び方も正解の一つだと思います。


 何より、ギターは楽器なのだから、デザインなどは度外視で”音”こそが優先。

 それも間違いのないギター選択の一つの方法論でしょう。


 モデリングギターなど先進的な楽器も出始めているとは言え、基本的な部分はあまり進化していないのがエレキギターなのですが、それでも近年大きく進歩している点があるとすれば、それは”操作性”。

 如何に弾きやすく、扱い易いかという点は、エレキギターが発明されてからずっと進化を続けて来た部分であります。


Strandberg Boden RAS 6 BanG Dream! RAISE A SUILEN 朝日六花モデル ストランドバーグ




 その最たる例が「Strandberg」の”Boden”モデルでしょう。

 エルゴノミクス(人間工学)デザインを取り入れた軽量ボディ。

 ファンドフレット仕様で、”音(音程)”という意味でも大きなアピール力を持つ、エレキギター最新の形であると思います。


Fender エレキギター Player Telecaster®, Maple Fingerboard, Butterscotch Blonde




 対して、歴史的名機であるテレキャスターやレスポールなどは、今となっては古い設計の機種であり、現代的設計の機種に比べて”操作性”の面でかなり劣ります。

 無論、Fender”Player”シリーズなど最近のモデルでは、指板Rの平坦化など改良されてきた部分も多々見受けられますが、基本設計/デザインの古さは否めず、歴史あるモデル程扱いに難を感じられるのが普通です。


 私個人は、テレキャスターやレスポールモデルのデザインが大好きなのですが、今となっては”操作性”という点を考えてしまうと、これらのクラシックな機種を選択は出来ません。


Gibson USA/SG Standard Heritage Cherry [3.18kg][S/N 225630364] ギブソン




 どうせならば、もう少し設計の新しい、”SG”や”ストラトキャスター”の方に目が向いてしまいます。


 もちろん、SGやストラトキャスターにレスポールやテレキャスターと同じ音は望めません。

 それでも、長くギターを触っていると”操作性”(ハイフレットでの弾きやすさ・本体重量の軽さ・バックコンターなどの身体になじむ設計などなど)という要素が重要に思えて来ているというのが正直な意見です。


 ですが、現行型のSGやストラトキャスターと言えども、”操作性”重視の現代型エレキギターに見劣りを感じるのもまた然り。

 操作性の高いギター、扱い易いギターを求めるとなると、”クラシカルな製品は選択し辛い”というのが今私が思う現状です。


 正直、練習用に使い潰すつもりならば、どんなエレキギターでも構わないのですが、実際に”操作性”の高いエレキギターを触ってしまうと、同じギターという楽器とは思えぬ程の差を感じてしまいます。

 変な話、多少音が気に入らなくとも、扱い易いエレキギターを触っている方が楽しいと思える程です。

 楽器なのに。音こそが大事な筈なのに。と思いつつ。


 これからエレキギターを選ぶ際、どんな点を重要視するか。

 愛好家一人一人拘る点に違いがあるのは当然として、今一度エレキギターに何を求めるか?改めて考えてみると、また違った発見、思いもよらないお気に入りとの出会いがあるかもしれません。


Gibson USA/Les Paul Standard 60s Faded Vintage Cherry Sunburst ギブソン レスポール スタンダード エレキギター


関連記事
スポンサーサイト




 | ホーム |