FC2ブログ

プロフィール

BlackDog

Author:BlackDog
 四十代。妻子持ちの普通のおっさんによる、趣味のエレキギターblogです。


カレンダー

10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最新記事


カテゴリ


最新コメント


月別アーカイブ


FC2ブログランキング


BLOG RANKING


ブログ村

にほんブログ村 音楽ブログへ
にほんブログ村 にほんブログ村 音楽ブログ ギターへ
にほんブログ村

PR

忍者AdMax

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
音楽
68位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
ギター
2位
アクセスランキングを見る>>

定番フレーズ16

 ギター練習に役立つのではないか?と言う定番フレーズ16回目。


 今回は、以前定番フレーズで取り上げた(1 . 2 . 3)ハ長調の各フレットポジションのまとめです。


 実用的なポジションの例として、5種類を挙げていきます。

 各画像の○の付いた音がそれぞれ主音(ルート/ハ調ですからC)になります。


 先ずは、開放弦を含んだポジションから。

ポジション7

 運指としては簡単な部類ですが、開放弦が入る部分は左手の仕事はお休みになるので、スムーズに弾くには慣れが必要かもしれません。

 その辺りを意識してスケール練習やフレーズに取り入れて練習すると良いと思われます。



 次は2フレットのポジション。

ポジション10

 フレット移動が含まれますので、三弦と二弦の部分を抜き出してスケール練習すると良いと思います。

 特に低音フレットでのスケール練習は、左手の負担も大きく練習し甲斐のあるものなので、このポジションの練習を積極的に行なうと上達に繋がると思います。


 つづいて、4フレットのポジション。

ポジション8

 四弦2音弾いてからフレット移動して三弦と少し難解なポジションです。

 スムーズに弾きこなす為には、繰り返しスケール練習をする必要があるでしょう。


 次に、7フレットのポジション。

ポジション11

 フレット移動を含まない形なので、比較的取り組みやすいポジションです。

 スケール練習は苦手と言う方は、このポジションから初めてみると良いかもしれません。


 最後に9フレットのポジション。

ポジション9

 4フレットのポジション同様、五弦四弦部分が少し難有りですが、覚えやすい形なのではないかなと思います。


 これらポジションを一通り弾いてみると、自分の苦手なパターンを把握出来るかもしれません。

 後は、苦手な部分を抜き出して練習したり、過去の記事同様、スケール練習やハンマリング/プリング練習してみても良い練習になると思います。




YAMAHA / ME-D1 電子メトロノーム




楽器の事なら石橋楽器!
関連記事
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する


トラックバック

https://oyajinoguitar.blog.fc2.com/tb.php/101-b3a9997d

 | ホーム |