FC2ブログ

プロフィール

BlackDog

Author:BlackDog
 四十代。妻子持ちの普通のおっさんによる、趣味のエレキギターblogです。


カレンダー

10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最新記事


カテゴリ


最新コメント


月別アーカイブ


FC2ブログランキング


BLOG RANKING


ブログ村

にほんブログ村 音楽ブログへ
にほんブログ村 にほんブログ村 音楽ブログ ギターへ
にほんブログ村

PR

忍者AdMax

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
音楽
70位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
ギター
2位
アクセスランキングを見る>>

気になるギタリスト17

 気になるギタリスト17回目は、独特な感性でギターと言う楽器の可能性を模索し続けたギタリスト。元Bauhausのギタリストとしても有名なダニエル・アッシュです。

Foolish Thing Desire




 1979年、イギリスのバンド「Bauhaus」のギタリストとしてデビュー。

 「Bauhaus」は、ダークなイメージと奇抜なステージングで評価を得、ポストパンクの有力株として注目されて行きます。

In Flat Field (Reis)



 その活動は、ロックの既成概念に囚われず、舞台を髣髴とさせるパフォーマンスや実験的な音楽アプローチなど他のバンドとは一線を画すものでした。

 そういったアーティスティックな一面を持つバンドにおいて、エレキギターのノイズまでも表現の手段としたギタリストがダニエル・アッシュです。

 過剰なエフェクトやそこから産み出される電気的なノイズ。彼にとってはそれらも全て音であり、楽曲を彩る為の強力な武器に変えていきます。

 ギタリストでありながら、ギターに対するアプローチが「ギタリスト」ではないかのような感性。

 音が出るのならば、ギターでなくても良かったのではないかとすら感じさせます。

 独特の感性から生み出されたサウンドは、一般的な「ギタリスト」には真似の出来ないものだったのかもしれません。


 こうして世界中に熱狂的なファンを獲得していった「Bauhaus」ですが、メンバー間の意見の相違が問題化し解散してしまいます。

 良くバンド解散の理由として、音楽性の違いなんて言う言葉を耳にしますが、事「Bauhaus」に関しては、その芸術的な活動イメージから「表現の仕方の違い」と言ったほうが良いのかもしれないなと感じてしまいます。


 解散後、バンドの中心人物であったボーカル、ピーター・マーフィーは、元JAPANのベーシスト、ミック・カーンとユニットを結成。

 ダニエル・アッシュを含んだ、その他の三人のメンバーは「Love & Rockets」というバンドを結成して活動していく事となります。


 「Love & Rockets」においても、ダニエル・アッシュのギターワークは遺憾無く発揮されていくわけですが、そこへ新たに「よりポップ」なアプローチが加わり、更に音楽的表現の幅を広げていく事に成功します。

 この頃より、数枚のソロアルバムも発表。

 ギタリストのソロアルバムにありがちな、ストレス解消の様なイメージは無く、相変わらず実験と表現を模索し続ける彼の姿が垣間見えます。

Coming Down



 1991年発表のソロデビューアルバム「Coming Down」では、ビートルズの名曲「デイ・トリッパー」をカバー。

 この選曲、ストレス解消か悪乗りかと思いきや、絶妙な浮遊感溢れるアレンジが施され、彼の表現力の幅広さを感じさせる出来になっています。


 1998年には再結成を果たした「Bauhaus」。

 デビューから20年近く過ぎても尚、躍動するノイズギターは健在で、時を経ることでより広がりをみせたその音楽性は、色あせる事の無い「Bauhaus」を体現しつづけています。

Go Away White



関連記事
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する


トラックバック

https://oyajinoguitar.blog.fc2.com/tb.php/113-9bca7303

 | ホーム |