FC2ブログ

プロフィール

BlackDog

Author:BlackDog
 四十代。妻子持ちの普通のおっさんによる、趣味のエレキギターblogです。


カレンダー

10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最新記事


カテゴリ


最新コメント


月別アーカイブ


FC2ブログランキング


BLOG RANKING


ブログ村

にほんブログ村 音楽ブログへ
にほんブログ村 にほんブログ村 音楽ブログ ギターへ
にほんブログ村

PR

忍者AdMax

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
音楽
91位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
ギター
5位
アクセスランキングを見る>>

変則チューニング2

 今回の変則チューニングは、The Rolling Stonesのギタリスト、キース・リチャーズが世に広め、今や一般的と言える有名な変則チューニング「オープンGチューニング」です。

 オープンGの名前の通り、開放弦をじゃらんと鳴らしてやれば、Gメジャーコードが鳴るようにチューニングする方法です。

 弦6本でも可能ですが、キース・リチャーズは六弦を張らない状態(5弦ギター)として使用しています。


 先ずは実際のチューニング方法から。

OpenG.jpg

 レギュラーチューニングされた状態から、各弦の音程を変える方法が分かり易いと思います。 

 二・三・四弦はそのままに、一弦と五弦を各1音ずつ下げればオープンGチューニングになります。

 六弦ギターとして使用する場合には、更に六弦も1音下げればOKです。


 こうすると、それぞれの開放弦がGメジャーコードの構成音(ルート G ・ 3rd B ・ 5th D)に対応しているのがお分かり頂けると思います。


 オープンGチューニングにする利点としては、開放弦状態でメジャーコードになっている為、独特な響きのコードを奏でられる事などがありますが、一番の利点はメジャーコードの押弦が楽になると言う点だと思います。

CM

 上の図、左はレギュラーチューニングされたギターでCメジャーコード弾く際の押さえ方です。

 対して右側は、オープンGチューニングにおけるCメジャーコードの押さえ方。

 双方は、全く同じ音程、同じCメジャーコードです。


 オープンGチューニングでは、同一フレットをセーハしてやるだけで、メジャーコードが弾けてしまうんですね。

 開放弦をメジャーコードに調律してある訳ですから、当たり前といえば当たり前なのですが、簡単にコードを弾けるチューニング法と言えます。

 同時に、ブルースなどで使われるボトルネック奏法の場合にも力を発揮するチューニング方法だと言えるでしょう。


 次に、オープンGチューニングのギターをどう弾くか。

TAB46.jpg

 図は、定番のロックやブルースで見かけるフレーズをオープンGチューニングのギターで弾いた例です。

 同一フレット上の五弦と四弦の関係が5度関係なので、こういったフレーズの運指は楽になります。

 前回のドロップチューニングと同じような効果ですね。

 しかし、ドロップチューニングよりも高音域でのコードになりますので、響きはより鮮明だと言えるでしょう。


 利点ばかりを挙げて来ましたが、オープンGチューニングにも弱点はあります。

 高音弦が1音下げられている為、当然スケールにはズレが生じ、レギュラーチューニングに慣れていると、単音を弾く場合少々混乱をきたす場合があります。

 コードに関しては、開放弦がメジャーコードに調律されている為、マイナーコードが押さえ難いものとなってしまっています。
 
TAB47.jpg

 オープンGチューニングのフルコードで、よく見かけるコードの代表例です。

 少し特殊な押さえ方になるので、この辺になれる事も必要かもしれません。


 ともあれ、メジャーコードやパワーコードの弾きやすさは抜群であり、押さえ難いコードは省略コードで代用するなどの工夫をすれば、独特な響きを得られ非常に面白いチューニング法だと思います。


Gibson ギブソン エレキギター Melody Maker 2014 Wine Red Satin



関連記事
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する


トラックバック

https://oyajinoguitar.blog.fc2.com/tb.php/118-90846c72

 | ホーム |