FC2ブログ

プロフィール

BlackDog

Author:BlackDog
 四十代。妻子持ちの普通のおっさんによる、趣味のエレキギターblogです。


カレンダー

11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最新記事


カテゴリ


最新コメント


月別アーカイブ


FC2ブログランキング


BLOG RANKING


ブログ村

にほんブログ村 音楽ブログへ
にほんブログ村 にほんブログ村 音楽ブログ ギターへ
にほんブログ村

PR

忍者AdMax

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
音楽
47位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
ギター
2位
アクセスランキングを見る>>

気になるギタリスト18

 気になるギタリスト18回目は、この方をギタリストとして紹介するのはどうかなと思ったのですが、その辺りはルール無用の気になるギタリストシリーズ。気にせず紹介する事にしました。

 一応ギタリストには違いないのですが、ボーカリスト/ミュージシャンとして気になる存在。

 イギリスのバンド「XTC」のボーカル兼ギタリスト、アンディ・パートリッジです。

Black Sea [2001 Reissue]




 1978年、XTCはデビューアルバム「White Music」を発表。

 パンクムーブメントの最中、まくし立てる様なボーカル、荒々しいギターサウンドでロックシーンに登場しました。

 シンプルなサウンドの中に実験的ともとれる奇抜なアイディアをちりばめたXTCの楽曲は、他のパンクロックと何処か違う魅力を感じさせ、乱立するパンクバンドの中で独特の存在感を示していく事となります。

 ムーブメントの中で異彩を放つXTCが、そのままパンクムーブメントの枠内でバンド活動をするはずもなく、その後メンバー交代を経たXTCのサウンドは、徐々にポップな路線へと向かって行きます。

 

Oranges & Lemons




 1989年発表のアルバム「Oranges & Lemons」の頃には、XTCがパンクムーブメントの中出てきたバンドだと最早分からない程、ポップな楽曲が収録されています。

 同アルバムに収録されている「King for a Day」は、浮遊感溢れるシーケンスフレーズの様なギターが特徴的で、パンク/ニューウェーブとはまた一味違うブリットポップと言った体の名曲です。


 こうしてシンプルなロックから、ポップでありながら複雑に構築された楽曲のバンドへと移行していったXTC。

 メンバー脱退、ライブ活動の停止、バンドとしての活動が頓挫する中で、中心人物であるアンディ・パートリッジは、よりアーティスティックな音楽創作へと向かう事となります。

 XTCとしての活動と並行して、ソロアルバムを何作も発表し始めたのもこの頃です。

 アンディパートリッジ名義のソロ作品に加え、有名アーティストとのコラボレーション作品にも積極的に取り組みます。

 どの作品もジャンル分けするのが難しい、実験的なポップから環境音楽と呼べるような作品まで実に様々で、バンドやギターに拘らない「音とアート」を追求し続けた彼の姿がそこにあります。


 長きにわたり、同じスタイルを貫き通すバンドやギタリストも尊敬に値しますが、アンディ・パートリッジの様に刻々とスタイルを変化させ、音楽を追及し続けるアーティストというのもまた凄いと感じます。


 現在、バンドメンバーはアンディ一人となってしまったXTC。

 「二度とXTCの新作はありえない」とアンディ本人が言ったそうですが、私としてはXTC名義だろうが、アンディ・パートリッジ名義だろうが、ギターが全く収録されていなかろうが関係ありません。

 私にとって彼は、何時までも注目するミュージシャン/アーティストには変わりがないのです。


Through the Hill



関連記事
スポンサーサイト



コメント

こんにちわ、XTC ファンです。
アンディ・パートリッジを取り上げていただいて、うれしいです。
ご存知かととも思いますが、
『オレンジズアンドレモンズ』セッションの直前には、
アンディとデイブは、フランク・ザッパに面談に行っています。
セッション中はザッパ・バンドのマイク・ケネリーがスタジオに
ずっと居たそうです。
それ以来、アンディとケネリーは交流があるそうで、
最近、『 Wing Beat Fantastic』と言うアルバムを作っています、
先日も『You Must be This Tall』と言うアルバムで、一曲を共作しています。
アンディは、地元スウィンドン在住のステュ・ロウを最近の相棒にしていますが、彼とJen Olive の三人のプロジェクト、the Clubmen も予定はされているのですが、中々リリースがされません。

では、
2013-09-09 10:30 ノエルかえる #- URL編集 ]

Re: タイトルなし

コメントありがとうございます。

当ブログ記事は、なんらかの興味を持って頂くきっかけになればとの内容が主ですので、XTCファンの方には少々物足りないものであったかもしれません。ご容赦ください。

マイク・ケネリーとの交流にはそんな経緯があったのですね。

今年六月にも新音源が発表されて居たとは全く知りませんでした。

楽しみが一つ増えた気がします。

Jen Oliveという方を存じ上げなかったのですが、調べてみるとアンディー・パートリッジレーベルの方だとか。

早速PVを拝見させて頂きましたが、非常に面白いアーティストであると感じました。

また一人、注目するべきアーティストが増えた気がします。

この度は貴重な情報を頂きまして、ありがとうございます。
2013-09-10 23:48 BlackDog #- URL [ 編集 ]

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する


トラックバック

https://oyajinoguitar.blog.fc2.com/tb.php/122-06a78f11

 | ホーム |