FC2ブログ

プロフィール

BlackDog

Author:BlackDog
 四十代。妻子持ちの普通のおっさんによる、趣味のエレキギターblogです。


カレンダー

10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最新記事


カテゴリ


最新コメント


月別アーカイブ


FC2ブログランキング


BLOG RANKING


ブログ村

にほんブログ村 音楽ブログへ
にほんブログ村 にほんブログ村 音楽ブログ ギターへ
にほんブログ村

PR

忍者AdMax

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
音楽
68位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
ギター
2位
アクセスランキングを見る>>

ギタリストのお勉強4

 ギターを弾く上で知っておくとお得な楽典その4。


 スリーコードロックンロールなんて言葉があります。

 言葉通り、三つのコードで伴奏をする曲という意味です。

 例を挙げるならば、キーがC(ハ長調)の曲におけるC・F・Gの三つのコードやキーがG(ト長調)の曲におけるG・C・Dの三つのコード等です。

 何故スリーコードで伴奏可能で、ハ長調の場合C・F・Gになるのか?と言ったお話です。


 ダイアトニックコードと言う考え方があります。

長音階(メジャースケール)もしくは、短音階(マイナースケール)から生ずる和音と言う意味合いなのですが、判りやすく通常のドレミファソラシ(ハ長調)で見ていきましょう。

 一般的なドレミファソラシと、ドレミファソラシ音階だけを利用して、そこから生じるコードをまとめるとこうなります。
DChord1.jpg

 C・F・Gそれぞれの音を根音とする三つの和音がメジャーコード。

 D・E・Aそれぞれの音を根音とする三つの和音がマイナーコード。

 Bを根音とする和音は少々仲間はずれでBマイナー♭フィフスと言うコードとなります。


 ここで先ほどのスリーコードロックンロールに話しは戻りますが、ハ長調の場合C・F・Gの三つを使って伴奏をするという例を挙げました。

 もう一度、ハ長調のダイアトニックコードを見てみるとC・F・Gを根音とするコードはそれぞれメジャーコードなのがお分かり頂けると思います。

 更にもう一点、C・F・Gと言うそれぞれのコードを見てみると、その構成音はCメジャーコードはC・E・G。
FメジャーコードはF・A・C。GメジャーコードはG・B・D。

 ドレミファソラシの7種類の音程全てがC・F・G三つのコードの中に含まれている事が分かります。

 こうして考えると、ハ長調の曲の伴奏をC・F・Gの三つのコードで伴奏可能という理屈がお分かり頂けるのではないでしょうか?


 加えて、ダイアトニックコードにはそれぞれ性質があります。

 ハ長調音階の第一音はCですが、そのCを根音として生じるCメジャーコードをトニックコードなんて言い方をします。

 第4音、Fを根音として生じるFメジャーコードはサブドミナントコード。

 第5音、Gを根音として生じるGメジャーコードはドミナントコード。

 これらは、それぞれのコードの性質を現していて、トニックコードは主音から成り立ち、非常に安定感のあるコードだと言えます。

 サブドミナントは何か新たな展開を予感させるような動きを感じさせますし、ドミナントコードは他のコードへと移りたくなる様な不安定さを感じさせます。


 こうしたコードの性質を利用して曲に抑揚をつけるべくコード進行を考えたりするわけです。

 スリーコードロックンロールは、こうしたダイアトニックコードの中の特徴的な性質を持った三つのコードを利用して伴奏していると言う事なのです。


 補足。

 分かりやすくするために、三和音で話を進めてきましたが、これらの効果を完全なものにする為には、四和音でのダイアトニックコードを考える必要があります。

 ドミナントコードであるGメジャーコードは四和音で考えると、G7(ドミナントセブンスコード/G・B・D・F)というCメジャースケールから生ずるダイアトニックコードで唯一のドミナントコードとなります。

 G7は、和音構成音内に増四度関係の音程差(三全音/トライトーン)を含む事により不安定な印象を与え、ドミナントモーションというコード進行の性質に繋がっていくのですが今回は割愛させて頂きました。


Marshall(マーシャル) デジタル・エフェクツ内蔵バッテリー駆動コンボギターアンプ 2W MG2CFX



関連記事
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する


トラックバック

https://oyajinoguitar.blog.fc2.com/tb.php/136-92531a0f

 | ホーム |