FC2ブログ

プロフィール

BlackDog

Author:BlackDog
 四十代。妻子持ちの普通のおっさんによる、趣味のエレキギターblogです。


カレンダー

10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最新記事


カテゴリ


最新コメント


月別アーカイブ


FC2ブログランキング


BLOG RANKING


ブログ村

にほんブログ村 音楽ブログへ
にほんブログ村 にほんブログ村 音楽ブログ ギターへ
にほんブログ村

PR

忍者AdMax

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
音楽
76位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
ギター
2位
アクセスランキングを見る>>

定番フレーズ75

 ギター練習に役に立ちそうな練習フレーズ75回目。


 今回は久しぶりにスケール練習の類です。

 使用するスケールも特に難しい物ではありません。

 極基本的なハ長調(Cメジャー)スケールを利用します。


ポジション1

 ポジションはどこでも構わないのですが、とりあえず2フレットからのポジションを使って行きたいと思います。


 普段、スケール練習というと、このポジションを順番に低音から高音、またはその逆に追っていく様な練習をするものだと思いますが、それに少し変化を与えます。


TAB272.jpg

 具体的にはこの様な感じに。


TAB273.jpg

 ルールは簡単。5音進んで3音戻る。


TAB274.jpg

 3音戻ったら、その音から次の高い音程に進み、また5音進み3音戻るの繰り返しです。


TAB275.jpg

 ダウンピッキングのみで弾いて行っても良い練習になると思いますが、オルタネイトピッキングを堅持して弾いていけば、弦間移動や弦飛びの練習にもなります。

 スケール練習というと主に左手(運指側)の練習と言う感じも致しますが、この様な内容ですと右手ピッキング動作並びにピック位置の移動(弦間移動・弦飛び)の積極的な練習にもなり、右手動作の鍛錬としても役立つものになると思います。


ポジション17

 他にも異なるポジション短調等で5音進んで3音戻るという内容に挑んでみても良い練習になると思います。

 ポジション移動が含まれるスケールですと、なかなか手ごたえある練習になると思います。


 5音進んで3音戻る。

 実はこれ、私がまだ若い頃に初めて触れたジャズギター教本に掲載されていた基礎練習法です。(オリジナルはもっと長いです)

 初めてギターを触ったその日から、たどたどしい手つきで懸命に取り組み、教本を見なくとも弾ける様になるまで練習した内容であります。

 あれから30年。

 これまでの期間一日も休まず練習した・・・などとは到底言えませんが、何かにつけいまだに取り組んでいる練習フレーズです。


 初めの内は当然、左手の基礎的な鍛錬がその目的。

 いつしかより滑らかに、スムースに、そして綺麗に鳴らせる様にと目標を変えつつ練習してきたものですが、それでも終わりなど全く見えて来ません。


 基礎練習は大切だと分かっていても、そればかりをやるというのはなかなか難しいものかもしれません。

 しかし、ちょっとしたフォームの改造やピックアプローチを変えてみたりした時など、上記の様な練習はやはり効果的だと思い知らされたりもするものです。


 自身の演奏(法)を見直す意味でも、定期的に取り組んでみるとまた新たな発見があるのではないかと思います。





Squier by Fender / Deluxe Jazzmaster with Tremolo Candy Apple Red 《フェンダークリップチューナープレゼント/+811144300》




楽器の事なら石橋楽器!
関連記事
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する


トラックバック

https://oyajinoguitar.blog.fc2.com/tb.php/1578-98e6ea66

 | ホーム |