FC2ブログ

プロフィール

BlackDog

Author:BlackDog
50代。妻子持ちの普通のおっさんによる、趣味のエレキギターblogです。


カレンダー

07 | 2020/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

最新記事


カテゴリ


最新コメント


月別アーカイブ


FC2ブログランキング


BLOG RANKING


ブログ村

にほんブログ村 音楽ブログへ
にほんブログ村 にほんブログ村 音楽ブログ ギターへ
にほんブログ村

PR

忍者AdMax

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
音楽
55位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
ギター
3位
アクセスランキングを見る>>

気になるギタリスト23

 気になるギタリスト23回目は、ロック”バンド”の生みの親とも言えるギタリスト、バディ・ホリーです。

The Very Best of Buddy Holly




 1950年代に活躍した、ロックンロール/ロカビリーのボーカリストでありギタリストであるバディ・ホリー。

 何故、ロック”バンド”の生みの親かといえば、現在では当たり前になったボーカル/ギター、ギター、ベース、ドラムという最小構成ともいえる四人編成のバンド形態を使い始めた最初のグループだと言われているからです。

 当時はロックバンドと言えども、編成人数の多いビックバンドが一般的。

 しかし彼らは、金銭的な問題から少ない人数での巡業を始めます。

 これが現代のロックバンドの基本形に繋がったというわけです。

 彼のギタープレイは、ロック創世記とも言える時代ですから、現在のロックギターとは随分印象の違うものですが、非常にビート感のあるギタープレイが特徴的です。

 まだまだアコースティックギターが主流と言える時代に、フェンダーストラトキャスターを愛用していた事も、後のミュージシャン達に多大な影響を与える事となりました。


 黒ぶち眼鏡にスーツ姿というおよそロックとはかけ離れたイメージのバディ・ホリーですが、こういった優等生スタイルのバンドイメージも後のロックバンドに多大な影響を与えた事は言うまでもありません。

 ビートルズはもちろんの事、デビュー当時のローリングストーンズなど、世界中のバンドが影響を受けました。延いては日本のグループサウンズも其の流れと言えるでしょう。

ベスト・オブ・バディ・ホリー




 特に世界的メジャーバンド、ザ・ビートルズのメンバーは、バディ・ホリーの強い影響を受けた事実を数多く語っています。

 ビートルズというバンド名自体、バディ・ホリーのバンド「バディ・ホリー&ザ・クリケッツ」のクリケッツ(こおろぎの複数形)から虫つながりで草案したと言われているのは有名な話です。


 最小構成のバンド形態を生み出し、世界的メジャーバンドを誕生させるきっかけを作り出したと言えるバディー・ホリーですが、若干22歳の時に飛行機事故でこの世を去りました。

 これら偉業とも言えるアイディアの数々を、どれだけ意図的にプロデュースしていたかは今となっては分かりませんが、ロックの歴史の中で大きな足跡を残していったという事実に間違いはありません。

 もし彼が存命であったならば、天性のエンターテイナーとしてどれほどの偉業を成し遂げていたのか?と考えると彼の早すぎる死が悔やまれてなりません。




Fender Japan / ST54 VSP 2TS




Gibson、Fender、Martinなら充実の品揃えの石橋楽器店!



関連記事
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する


トラックバック

https://oyajinoguitar.blog.fc2.com/tb.php/160-55c73fa0

 | ホーム |