FC2ブログ

プロフィール

BlackDog

Author:BlackDog
50代。妻子持ちの普通のおっさんによる、趣味のエレキギターblogです。


カレンダー

06 | 2020/07 | 08
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

最新記事


カテゴリ


最新コメント


月別アーカイブ


FC2ブログランキング


BLOG RANKING


ブログ村

にほんブログ村 音楽ブログへ
にほんブログ村 にほんブログ村 音楽ブログ ギターへ
にほんブログ村

PR

忍者AdMax

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
音楽
63位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
ギター
2位
アクセスランキングを見る>>

”Tech Wood”素材のエレキギター 【Bacchus】

 高いコストパフォーマンスが自慢の海外生産品。

 「Bacchus」ブランドの”Universe Series”から、ボディ/ネックに”Tech Wood”を採用したモデルが登場しました。


Bacchus Universe Series BST-TW 【発売記念特別価格】




 ギター各部の素材として最近良く見かける様になってきた”Tech Wood”。

 これは、素材を何層にも重ね合わせ作り上げた合板材の事です。(本品はポプラ材を使用)

 もちろん技術的な進歩は見られるのでしょうが、私の様な古い人間からすると積層合板と言った方がしっくり来る様な素材であります。


 2~30年前にはこうした合板素材のエレキギターはそれこそ数多く存在していました。

 主にコストパフォーマンスを上げる為。

 素材原価を落とす事で廉価な製品が数多く作られておりました。


 そうした経緯から、ある意味”安物”に使われる材と言った印象を持たれている方も多いであろう合板材。

 しかし、世の中にはアルミニウム他、金属素材ボディの非木材製のギターですとか、レゾンキャストが積極採用されたモデルなども生み出されて来た訳です。

 マホガニーやアルダーでなければ絶対に良い(音のする)楽器は作れないという訳ではない筈なのです。


Bacchus Universe Series WJB-TW 【発売記念特別価格】




 事実、今回発売のUniverse Series ”TW(Tech Wood)”各モデルも、決して激安ギターと言える価格ではございません。

 今や単なる合板ではなく、確かな素材”Tech Wood”となり、しっかりとした作りの楽器を目指した結果が価格に表れているものだと感じます。


 ただ、合板材は素材重量が重くなってしまうという欠点があります。

 しかし、この部分はボディ内部をくりぬく事により克服。

 重量バランスを取る工夫が施されています。


 そして、マイナス面だけでなく忘れてはならない積層素材の大きな利点。

 複数の板を重ね合わせた合板は、単板に比べ”狂いが少ない”という事が挙げられます。

 この点を重視し、古くから建材として良く利用されてきたのは皆さまご存知の事と思います。


 本機はネック材も”Tech Wood”ですので、狂いにくい素材という特性による効果が期待出来る楽器と言えるでしょう。


 木目を楽しめるよう積層の仕方にも工夫しているそうで、ローズウッドの様な見た目が楽しめるのもポイント。

 決して安ギターとは言わせない”Tech Wood”素材のエレキギター。


 天然資源保護が叫ばれ続ける中、エレキギター素材のあり方にも更なる変化が訪れるのかもしれません。


【送料無料】Bacchus 《バッカス》 Universe Series BTE-TW NS エレキギター [BTETW]






楽天市場
関連記事
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する


トラックバック

https://oyajinoguitar.blog.fc2.com/tb.php/1761-3024acf4

 | ホーム |