FC2ブログ

プロフィール

BlackDog

Author:BlackDog
50代。妻子持ちの普通のおっさんによる、趣味のエレキギターblogです。


カレンダー

11 | 2020/12 | 01
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

最新記事


カテゴリ


最新コメント


月別アーカイブ


FC2ブログランキング


BLOG RANKING


ブログ村

にほんブログ村 音楽ブログへ
にほんブログ村 にほんブログ村 音楽ブログ ギターへ
にほんブログ村

PR

忍者AdMax

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
音楽
47位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
ギター
3位
アクセスランキングを見る>>

定番フレーズ26

 ギター練習に役立ちそうな定番フレーズ26回目。

 前回、シャッフルリズムとブルースバッキングをとりあげましたが、今回は其の応用です。

 このシャッフルというものは、慣れないうちはリズムを取るのが難しいかと思いますが、この独特なノリに合わせようと「コントロール」しようとする事が、両手共に良い練習になると思いますので、是非チャレンジしてみてください。

 前回は、非常にシンプルな基礎的バッキングでしたが、今回はそれを少し発展させたパターンです。

TAB76.jpg

TAB77.jpg

 コードフォームに慣れてしまえばそれ程難解では無いはずです。

 問題は、やはりシャッフルリズムに合わせた左右の手の連携だと思います。

 左手ミュートに注意すれば、右手の動きは結構乱暴でも構わないはずですので、リズム重視で練習してみるのも良いかと思われます。


 次に、このバッキングフレーズを分解したパターン。

TAB72.jpg

TAB73.jpg

 ピッキング動作が忙しくなるので、難易度は上がります。

 TAB譜通りきっちりピッキングしようとすれば尚更です。


 ブルースですから、どちらかと言えば大切なのはシャッフルリズム。

 ミュートをしっかり意識して、多少のミスピッキングには目を瞑り、ノリ良く演奏する事を心がけると良いかもしれません。


 最後に、ブルースのバッキングで良く使われる、ターンアラウンドというフレーズを見てみましょう。

TAB74.jpg

 ターンアラウンドは、比較的シンプルなコード進行の多いブルースの曲で、曲中一段落つけるような場面に挿入されるフレーズです。

 この場合、キーはEですので、トニックコードEからサブドミナントAに、A#を挟んでドミナントセブンスであるB7というコード進行になっています。

 この後、トニックコードであるEに戻れば(B7→E)、ドミナントモーションが起こせるというわけです。

 突然のA#コードは何だ?と思われますが、AからB7へと滑らかに移行する為の経過和音として捉える事もできますし、ロック的な拡大解釈をすればトニックコードであるEの裏コード(omit3rd/パワーコード)と考える事も出来ます。(裏コードについてはまた別の機会にでも)


 こうしたターンアラウンドは、定番フレーズ(コード進行)としてブルースの中で様々なパターンで良く出てきます。

TAB75.jpg

 同じコード進行で、少し趣向を凝らしたこんなターンアラウンドもあります。

 弾いてみると何処か馴染みのあるブルースフレーズだと思います。




Fender USA / Greta




Gibson、Fender、Martinなら充実の品揃えの石橋楽器店!

関連記事
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する


トラックバック

https://oyajinoguitar.blog.fc2.com/tb.php/179-02590edc

 | ホーム |