FC2ブログ

プロフィール

BlackDog

Author:BlackDog
50代。妻子持ちの普通のおっさんによる、趣味のエレキギターblogです。


カレンダー

06 | 2020/07 | 08
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

最新記事


カテゴリ


最新コメント


月別アーカイブ


FC2ブログランキング


BLOG RANKING


ブログ村

にほんブログ村 音楽ブログへ
にほんブログ村 にほんブログ村 音楽ブログ ギターへ
にほんブログ村

PR

忍者AdMax

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
音楽
48位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
ギター
2位
アクセスランキングを見る>>

いいとこ取り

 エレクトリックギターメーカー大手のFender社と言えども、全ての製品を定番化に成功したわけではありません。

 テレキャスターやストラトキャスター等の成功の影に埋もれてしまっている機種もあるわけです。


 そんな定番化が叶わなかったFender社の製品の一つに、FenderLEADシリーズがあります。


【中古】FENDER USA / LEAD I


 FenderLEADは、1979年から1982年という極短い期間だけ製造されたギターで、ピックアップレイアウトの差異によってⅠ~Ⅲまでのモデルがありました。

 LEADⅠは、リアダブルコイル一発。LEADⅡは、シングルコイル×2。LEADⅢはダブルコイル×2を搭載というラインナップで、多彩な音色表現が可能な様にフェイズスイッチやコイルタップスイッチが搭載されていました。

 ストラトキャスターを思わせるボディシェイプですが、ダブルカッタウェイ部分が深く成形されており、どちらかと言うとGibson社のダブルカッタウェイ製品を思わせるデザインバランスになっています。

 基本設計思想はストラトキャスターを感じさせますが、ブリッジは弦裏通しのハードテイルとトレモロレス仕様で、こちらはテレキャスターを思わせるような設計です。

 当時、既に定番化に成功していた、ストラトキャスターやテレキャスターの良い所を併せ持った様な設計になっています。

Fender USA《フェンダーUSA》 Lead III '82 CHSB/M【Vintage】【中古】【USA買付品】




 当時のストラトキャスターは、既にラージヘッドと呼ばれる大きいデザインのヘッドに変わっていましたが、LEADシリーズは往年のスモールヘッドが採用されました。

 トラスロッドの調整はボディ側で調整するタイプでした。




【中古】FENDER USA フェンダーUSA / 82 LEAD III


 ストラトキャスターの特徴である舟形ジャックプレートは採用されず、ボリューム・トーンコントロールと並んでピックガード上にアウトプットジャックが配置されています。


 Fender社製品設計のいいとこ取りをした様なこのLEADシリーズ。

 製造期間の短さからお分かり頂ける様に定番化は叶いませんでした。

 三大ギタリストと呼ばれた、エリック・クラプトンが使用していた時期もありましたが、これも定番化に繋がることは無く、今やマニア向けの隠れた機種になってしまった感じがします。

 私個人的には、ボディデザインも優秀で大変魅力的なギターに映るのですが。


 人気機種になり損ねたギターが、時を経て人気が再燃する事もありますが、今の所LEAD人気が再燃する気配は残念ながら無さそうですね。




Fender Japan / PAWN SHOP Series PS51




Gibson、Fender、Martinなら充実の品揃えの石橋楽器店!
関連記事
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する


トラックバック

https://oyajinoguitar.blog.fc2.com/tb.php/191-2d7f144b

 | ホーム |