FC2ブログ

プロフィール

BlackDog

Author:BlackDog
 四十代。妻子持ちの普通のおっさんによる、趣味のエレキギターblogです。


カレンダー

10 | 2018/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

最新記事


カテゴリ


最新コメント


月別アーカイブ


FC2ブログランキング


BLOG RANKING


ブログ村

にほんブログ村 音楽ブログへ
にほんブログ村 にほんブログ村 音楽ブログ ギターへ
にほんブログ村

PR

忍者AdMax

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
音楽
63位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
ギター
2位
アクセスランキングを見る>>

定番フレーズ84

 ギター練習に役に立ちそうな練習フレーズ84回目。


 前回は音符を短く弾くという課題でしたが、今回は逆に音と音を繋げて弾く練習です。


TAB329.jpg

 何時もの様に内容はシンプルです。

 3つの音を繰り返し弾いて行くだけなのですが、注意点としては2つ。

 最初に申しました様に、音と音とが途切れてしまわない様に弾くことが一つ。

 もうひとつは、アルペジオの様にあらかじめ各ポジションを押さえてしまって弾くというのが簡単な方法にみえますが、あえて一音一音を押さえる弾き方をすることです。

 つまり、最初は3弦7フレットを人差し指で押さえピッキング。

 次に、人差し指を話しつつ中指で2弦8フレットを押さえピッキング。

 続いて、薬指で1弦を・・・と言った感じで一音一音押弦と指を離すという作業をしながら弾いて頂きたいです。


TAB330.jpg

 初めのパターンが出来ましたら、今度は逆パターン。

 押弦を止めるときにも、パッと指を離してしまうのではなく、指先が軽く弦に触れるミュート状態となるほうが望ましいです。


 それらの注意点を踏まえながら、音と音を途切れない様、また複数の音が同時に鳴らない様滑らかに弾いて行くというのは、はじめなかなか難しいと感じるかもしれません。


TAB331.jpg

 もちろん最初はゆっくりとしたテンポで構いません。

 しかし、慣れてきたら徐々にスピードアップを心がけるとより良い練習になると思います。


TAB332.jpg

 こうした連続した音の出し方は、すなわちスイープ奏法の左手指使いでもあります。

 スイープ奏法の為の連続したダウンピッキングやアップピッキング自体も練習の必要な難しい課題でありますが、そもそも左手が滑らかに連続した押弦が出来ないと上手く発音出来ないものであります。

 特にスイープ奏法をやろうとするわけでなくとも、押弦能力アップの為に練習しておくと良い課題であると思います。


Sonicakeギター用マルチエフェクターSonicbar Twiggy Blues1台4役コンプレッサー、オーバードライブ、ディレイ、リバーブエフェクトペダル



関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する


トラックバック

https://oyajinoguitar.blog.fc2.com/tb.php/1942-b9d2c77e

 | ホーム |