FC2ブログ

プロフィール

BlackDog

Author:BlackDog
 四十代。妻子持ちの普通のおっさんによる、趣味のエレキギターblogです。


カレンダー

10 | 2018/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

最新記事


カテゴリ


最新コメント


月別アーカイブ


FC2ブログランキング


BLOG RANKING


ブログ村

にほんブログ村 音楽ブログへ
にほんブログ村 にほんブログ村 音楽ブログ ギターへ
にほんブログ村

PR

忍者AdMax

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
音楽
63位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
ギター
2位
アクセスランキングを見る>>

新作アクセサリー 【Mooer】

 本日は、発売になったばかりの「Mooer」の新作アクセサリーから、気になった物を数点取り上げてみたいと思います。


Mooer FP-L FingerPrint Guitar Pick (10枚入り) Light 0.70mm 【ゆうパケット対応可能】




 まずは、ポリアセタールを主成分としたギターピック、MOOER 「FingerPrint Guitar Pick」。

 ”FingerPrint”と製品名にありますように、指紋のような図柄のすべり止めが施されているのが特徴のギターピックです。


Mooer FP-M FingerPrint Guitar Pick Medium 1.07mm ギターピック 10枚入り




 厚さは、FP-L(0.70mm)、FP-M(1.07mm)、FP-T(1.37mm)の三種類。


Mooer FP-T FingerPrint Guitar Pick Thick 1.37mm ギターピック 10枚入り




 1枚当たり200円程と、こうしたすべり止め加工の施されたピックとしては比較的リーズナブルな価格が魅力的。

 柔らかく弾力性がある素材の為、アタックが目立ちすぎないピックになっているそうです。


MOOER TF-16H Transform Series Pro Pedalboard Hard Case 新品 [ムーア][ペダルボード,エフェクターボード][Effector,エフェクター]




 続いては、アルミニウム合金のすのこ型ペダルボード、MOOER 「TF-16H」。

 見ての通り、専用ハードケースとのセットとなります。


 ボードは前後2段の段差があるタイプ。

 サイズは490(W)×285(D)×86(H)mm。

 エフェクターを設置する部分にはあらかじめマジックテープ(メス)が貼り付けられており、付属のテープ(オス)をエフェクター側に張り付けてボードに設置します。

 ボード背面にはパワーサプライの為の電源ブラケットも装備しています。


Mooer TF-16H Transform Series Pro Pedalboard Hard Case ペダルボード 専用ハードケース付属




 ハードケースは通常の運搬方法の他、長いキャリーハンドルを伸ばしフライトケースの様に転がして運搬することも可能です。(ケース底面にキャスター付き)

 ケースの四隅も角ばっておらず、なかなか高級な作りのハードケースとなっております。


Mooer TF-20H Transform Series Pro Pedalboard Hard Case ペダルボード 専用ハードケース付属




 TF-16Hより大型、600(W)×285(D)×86(H)mmサイズの「TF-20H」も発売。


Mooer TF-16S Transform Series Pro Pedalboard Soft Case




 さらにソフトケースバージョンの「TF-16S」も発売になりました。

 こちらも大判の「TF-20S」も用意されております。


Mooer PC-S 【ゆうパケット対応可能】




 最後は、ストレート型のモノラルフォンプラグ、MOOER 「PC-S」。

 エフェクター同士を最小限の隙間で設置可能になるストレート型プラグ。

 同一メーカーのエフェクター等、ジャックの高さが同一のエフェクター同士を繋ぐ場合に重宝します。

 私もこうした製品を何点か所持していますが、余計なケーブルが出ず大変便利です。


 ただし、スリムサイズのペダル等ですと、InとOutのジャック位置が平行ではなかったりするので、少々使い辛くもなります。

 スタンダードサイズのエフェクターをコンパクトに並べたい場合には優れものです。


 以上、Mooerブランドの新作アクセサリー。

 目立って新しい部分があるという訳ではありませんが、どれも良く考えて作られているという印象を受けます。

 その内容からするとリーズナブルと感じられる価格も嬉しい品々であると思います。


MOOER 《ムーアー》 GE200






楽天市場
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する


トラックバック

https://oyajinoguitar.blog.fc2.com/tb.php/1944-dd56fe2c

 | ホーム |