FC2ブログ

プロフィール

BlackDog

Author:BlackDog
50代。妻子持ちの普通のおっさんによる、趣味のエレキギターblogです。


カレンダー

06 | 2020/07 | 08
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

最新記事


カテゴリ


最新コメント


月別アーカイブ


FC2ブログランキング


BLOG RANKING


ブログ村

にほんブログ村 音楽ブログへ
にほんブログ村 にほんブログ村 音楽ブログ ギターへ
にほんブログ村

PR

忍者AdMax

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
音楽
63位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
ギター
2位
アクセスランキングを見る>>

有名アンプメーカー

 以前、有名アンプブランドMarshallのペダルエフェクトの話をしました。

 こうした有名アンプメーカーのブランド名が冠されたエフェクターと言う物は珍しい部類で、アンプメーカーはあくまでアンプで勝負しようとする傾向にあったと思われます。

 しかし、今から一年ほど前、新たに超有名アンプブランドのペダルエフェクトが発売になりました。

 その超有名アンプブランドの名はというと、これまた驚きの「Mesa Boogie」。



Mesa Boogie / F-30 combo


 「Mesa Boogie」と言えば、Marshallと並ぶ程有名で伝統のあるアンプブランド。

 拘り抜かれて作り上げられたアンプは、小さめのコンボアンプと言えど高価で、高級アンプメーカーとしても知られています。

 1972年から作り続けられているMARKシリーズは、改良に改良を重ねられ現在に至るまで進化を続けるハイゲインアンプの名機です。

 そんな、ハイゲインアンプの元祖とも言える「Mesa Boogie」がペダルエフェクトを発売したと言うのですから驚きました。




Mesa Boogie / FLUX-DRIVE Over Drive+


 クリーンブーストからハイゲインディストーションまで、求めるサウンドキャラクターに合わせて四種類のペダルが発売されています。

 MARKシリーズが改良されていく程に多彩なサウンドキャラクターを生み出していった「Mesa Boogie」。

 そうしたノウハウをこのペダルシリーズが受け継いでいるものと思われます。

 伝統の「Mesa Boogie」の名を受け継ぐペダルはハンドメイドで製造されており、ペダルエフェクトと言えども妥協を許さないブランドの姿勢が窺えます。




Mesa Boogie / THROTTLE BOX


 コントロールはLevel、Gainとトーンコントロール1or2とシンプルですが、THROTTLE BOXというハイゲインディストーションモデルには、HIゲインスイッチとMID CUTコントロールが搭載されていて、高ゲインと中音域カットによる「Mesa Boogie」らしいサウンドを再現する工夫がなされています。


 高級であるが故に貸しスタジオなどで触れる位しか縁の無かった「Mesa Boogie」。

 こうしたペダルエフェクトで「Mesa Boogie」らしさに触れられるのは嬉しいですね。




MESA BOOGIE / Mark V Medium Head




大都市圏に15店舗を運営!楽器の事ならアフターも安心の石橋楽器店!
 

 
関連記事
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する


トラックバック

https://oyajinoguitar.blog.fc2.com/tb.php/200-71a17fda

 | ホーム |