FC2ブログ

プロフィール

BlackDog

Author:BlackDog
 四十代。妻子持ちの普通のおっさんによる、趣味のエレキギターblogです。


カレンダー

10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最新記事


カテゴリ


最新コメント


月別アーカイブ


FC2ブログランキング


BLOG RANKING


ブログ村

にほんブログ村 音楽ブログへ
にほんブログ村 にほんブログ村 音楽ブログ ギターへ
にほんブログ村

PR

忍者AdMax

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
音楽
91位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
ギター
5位
アクセスランキングを見る>>

定番フレーズ86

 ギター練習に役に立ちそうな練習フレーズ86回目。


 今回は珍しく定番フレーズというタイトルに相応しいこんなフレーズ練習です。


TAB344.jpg

 なんとなく弾いて頂ければ誰もが納得する、クラシックロックで大変よく見かけるイントロです。


 しかし、気になるギタリスト記事の「チャック・ベリー」の回でも少し触れましたが、イントロフレーズと言ってもこれは演奏開始の”合図”みたいなものでして、キーは違えどこれと似たようなパターンが星の数ほどございます。


TAB345.jpg

 またキーの異なるこちらのパターンを弾いて頂くと、ああこっちだとお感じになられる方もいらっしゃるかもしれません。

 しかし、フレーズとしては非常に似ているもの。

 フィーリングの違いとでも言うべき僅かな違いです。


 ですが、譜割り/リズムの違いに注目して頂くと、奏者の感覚や工夫と言ったものが感じられるかと思います。


TAB346.jpg

 逆にシンプルなこうしたパターンもあります。


 どれも運指的にはほぼ同じ感じになりますので、同じパターンを如何にその味わいを変えるかというのも音楽の楽しさ、演奏の楽しさなのではないかと考えさせられる定番パターンであると思います。


 往年のロックンロールはどれも同じに聞こえてしまうという意見もあるとは思いますが、細かく聞いてみると(弾いてみると)意外と違いがあるものです。

 そんな違いに注目しながら、数多いロックイントロの定番フレーズを弾き比べてみると、良い練習になるかと思います。

 何より弾いて楽しい。ロックンロール定番フレーズです。


Gibson Memphis ギブソン 2015年モデル ES-339 2015 Model Faded Cherry セミアコギター



関連記事
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する


トラックバック

https://oyajinoguitar.blog.fc2.com/tb.php/2020-3588ac1e

 | ホーム |