FC2ブログ

プロフィール

BlackDog

Author:BlackDog
50代。妻子持ちの普通のおっさんによる、趣味のエレキギターblogです。


カレンダー

10 | 2020/11 | 12
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

最新記事


カテゴリ


最新コメント


月別アーカイブ


FC2ブログランキング


BLOG RANKING


ブログ村

にほんブログ村 音楽ブログへ
にほんブログ村 にほんブログ村 音楽ブログ ギターへ
にほんブログ村

PR

忍者AdMax

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
音楽
57位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
ギター
2位
アクセスランキングを見る>>

Wild USA?

 前回ご紹介したギター。シャーベルCDS-38のリアピックアップ写真です。


CIMG3047.jpg

見た目は、名ピックアップ「Bill Lawrence L-500」にそっくりですがちょっと違います。


 WildeUSA 「L-500extraLead」 というピックアップです。

このWildUSAというメーカー、かの名ピックアップデザイナー「ビルローレンス」さんが設立した会社。「ビルローレンスL-500」にそっくりなのも頷けます。

現在でも「Bill Lawrence L-500」は販売され続けていますが、こちらは別会社の商品。

 ????

 かつてエレキギターのブランド展開もしていた「Bill Lawrence」ですが、当のビルローレンス氏は後に社を離れご自身のブランドであるWILD USAを設立。

 しかし、商標の関係上、ビルローレンス氏が立ち上げたWildUSA社では「Bill Lawrence」という名称を使えないという事態に。
ビルローレンスさんがデザインし、ビルローレンスさんの会社で作っているのにもかかわらず、商品にビルローレンスと付けられないというややこしい展開。

 現在では「Bill Lawrence L-500」と「WildeUSA L-500」という見た目そっくりなピックアップが市場に出回る結果に。


 ではその違いは?


値段・・・。


正直、わかりません。「Bill Lawrence L-500」の方は試したことが無いので比較も出来ないです。

どちらのピックアップも同じビルローレンスさんデザインなのですから、音色傾向も似ているとは思うのですが、
「Bill Lawrence L-500」は歴史的な名機、「WildeUSA L-500」は円熟したビルローレンス氏の現在の形と考えると双方に差はあるのかもしれません。

 まぁ・・・実際に聞き比べたとしても、私に差が理解出来るかどうか怪しいところですが。


 この「WildeUSA L-500」私所有のものは「L-500extraLead」という高出力タイプのモデルです。
「WildeUSA L-500Lead」「WildeUSA L-500Regular」といったモデルも存在します。
本家?「Bill Lawrence L-500」も出力の違うタイプが複数出ているので、WildUSAの方でも音の好みに合わせての対応を図っているのでしょうか。


 肝心な音の方ですが、まず高出力なのに低ノイズという事に驚きました。
L-500系でよく癖があると聞きますが、私的には特にそんな印象も無く、歪ませてもクリーントーンでも非常に小気味良い鳴り方をしてくれる印象を受けました。

 CDS-38に元々付いて居たピックアップも廉価ギターにしてはそこそこ良い物に感じていたのですが、WildUSAに換装した途端、ここまで差が出るかね?と思うほどの変化にびっくり。


 「高品位なピックアップってこういう物なんだよ」

なんて、ビルローレンス氏に教えを受けた気分になれるピックアップです。


エレキギター 初心者セット SELDER ST-16 リミテッドセット【今だけダダリオ弦とヘッドフォンとアダプター付き!】【レビューを書いてDVDプレゼント!】【セルダー ギター エレキ 入門セット ST16】


感想(2340件)






関連記事
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する


トラックバック

https://oyajinoguitar.blog.fc2.com/tb.php/24-f10693d8

 | ホーム |