FC2ブログ

プロフィール

BlackDog

Author:BlackDog
50代。妻子持ちの普通のおっさんによる、趣味のエレキギターblogです。


カレンダー

06 | 2020/07 | 08
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

最新記事


カテゴリ


最新コメント


月別アーカイブ


FC2ブログランキング


BLOG RANKING


ブログ村

にほんブログ村 音楽ブログへ
にほんブログ村 にほんブログ村 音楽ブログ ギターへ
にほんブログ村

PR

忍者AdMax

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
音楽
46位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
ギター
1位
アクセスランキングを見る>>

気になるギタリスト95

 今回の気になるギタリストは、かつてガレージロックを代表するバンドと評された「ザ・ホワイト・ストライプス」で活躍したギタリスト、「ジャック・ホワイト」です。

ゲット・ビハインド・ミー・サタン




 アメリカのインディーズシーンから活動を始めたジャック・ホワイト。

 後にグラミー賞を何度も受賞するザ・ホワイト・ストライプスは”姉弟”のユニットという事でしたが、実はこの二人ご夫婦。

 この時から既にグラミー賞アーティストとしてのプロデュースが始まっていたのかもしれません。


 ギターと共にボーカルも務める彼は、独特な存在感と激しさを含むギタープレイなどロックアーティストらしい魅力で一躍人気者となって行きます。


Elephant




 2003年にメジャーレーベルより発売されたアルバム「Elephant」からのシングル、「Seven Nation Army」がいきなりグラミー賞、最優秀ロック・ソング賞を獲得。

 インディーズ時代より稀有な存在と知られていた彼の知名度は一気に爆発する事となりました。


イッキー・サンプ




 耳に残る歌唱。

 ハードなギターサウンド。

 ファズと独特なフレーズやギターソロ。

 作り上げられたジャック・ホワイトというキャラクターは、多くの人々が忘れかけていたロックスターそのものと言える存在なのかもしれません。


 しかし、ガレージロックでアーティスティック、激しいギタープレイなどと聞くと技術はあまり・・・とお思いになる方もいらっしゃるかもしれません。

 ですが、彼は歌いながらも独特なフレーズを披露し、さらには挑戦的とも言えるギターソロもこなす素晴らしいギタリストであります。


 歌いながらギターを弾く難しさ。

 実際にやっている方には良くお分かり頂ける事だと思います。


 ギターとドラムという最小(以下)のメンバー構成でありながら、これだけの表現力を発揮するギタリストも珍しい存在なのではないかと思います。

 そういった意味でもまさに2000年代のギターヒーローと呼ぶに相応しい人物であると思います。


 残念ながら離婚という形でその活動を終えてしまった「ザ・ホワイト・ストライプス」でありますが、「ジャック・ホワイト」はソロ活動を含め現在も活躍中です。

 そのロックスターとしての輝きは今も衰える事無く健在であります。


Lazaretto



関連記事
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する


トラックバック

https://oyajinoguitar.blog.fc2.com/tb.php/2432-9dd0eabb

 | ホーム |