FC2ブログ

プロフィール

BlackDog

Author:BlackDog
50代。妻子持ちの普通のおっさんによる、趣味のエレキギターblogです。


カレンダー

07 | 2020/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

最新記事


カテゴリ


最新コメント


月別アーカイブ


FC2ブログランキング


BLOG RANKING


ブログ村

にほんブログ村 音楽ブログへ
にほんブログ村 にほんブログ村 音楽ブログ ギターへ
にほんブログ村

PR

忍者AdMax

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
音楽
55位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
ギター
3位
アクセスランキングを見る>>

ちょっとした小技74

 知っていると、少しだけためになるかもしれない小技。


 今回の小技は、”シールドケーブル”について。

 兎角、重要だとされるシールドケーブルでありますが、意外と疎かにしてしまっている方も多いのではないかと思われます。

 そこで、今一度シールドケーブルについて考えてみようという内容で御座います。 


Providence LE501 3m SL BLACK ギターケーブル




 一般的に”良い”シールドケーブルを使うと”音が変わる”、”サウンドが良くなる”などと申しますが、これはある意味正しく、ある意味誤解を生む言い方でもあります。


 そもそも、”良いシールドケーブル”とは、限りなく”ギターからのアウトプットをそのまま伝える”ものであり、根本の信号を良い方向に修正したりする性能はありません。

 100%のサウンド(/信号の状態)を如何に保ちながら(減衰させず)伝えるか。

 元の信号から劣化の少ないまま信号を伝達出来るシールドほど”良いもの”とされている訳です。

 100%の信号を120%にしてくれるシールドケーブルは無いのです。


CANARE G03 Blue 3m ギターケーブル




 しかし、どんなに高級な素材を使用したケーブルでも、全く信号を劣化させず伝えるというのも不可能でして、僅かながらも信号は弱まり、音質は劣化します。


 それでも、高級な品であれば、その劣化を最小限に抑える事が可能です。


 例えば、一般的な製品では高音域が80%位まで劣化してしまうものを高級な品では90%やそれ以上の質を保ちながら伝達出来るとしましょう。

 するとどうなるかと言えば、一般的なケーブルに比べ、高級なケーブルのほうがクリアにはっきりとした音として聞こえる事になるでしょう。

 つまりはこれが、より良いシールドケーブルを使った事による音質の向上、サウンドが良くなったと言われる所以であります。


 しかしながら、こうしたシールドは一か所に使うのみではありません。

 ギターからエフェクター、そこからまたアンプなど。

 細かい部分を見れば、エフェクター同士を繋ぐパッチケーブルなど。


ベルデン(BELDEN 8412)黒15cm L-L型プラグ付ギター・ベース用 パッチケーブル 3本-配送料無料-




 一部分だけ良いシールドケーブルを使っていたとしても、他のどこかに質の低いものや劣化したケーブルが挟まればその部分で信号は減衰してしまいます。

 ある一部分のケーブルで減衰した信号はその先に良いシールドケーブルを使ったとしても信号は劣化したままです。

 当たり前の話ではありますが、良い音を求めるのならば、アンプから音が出るまで全てのシールド間で高い伝達性能が求められるのです。


 ちなみに、シールドケーブルには一応決まった接続方向などというものもあるそうです。

 ケーブル本体にはブランド名や製品名がプリントされていたり、”Guitar Instrument Cables”などと印刷されていると思います。

 この文字の頭、”Guitar Instrument Cables”であればGuitarの”G”の方がギター側。

 Cablesの”s”の方がエフェクターやアンプ側へと繋ぐものとされています。


 逆に繋ぐと若干信号の流れは悪くなると言われています。

 ほぼ誤差の範囲だとは思いますが、一応シールドには接続方向があるという事も覚えて置くと良いかと思います。


 (高級ケーブルなど、どちらのプラグからも読み取れる様にシールド部分に文字が入れられているものもあります。

  そうした製品は、接続方法はどちらでも構わないという意味なのだと思われます。)


 アンプやエフェクターの様に、あきらかに大きくサウンドを変化させるものではありませんが、シールドケーブル運用にもしっかりと気を使ってやることで、かなりの差は感じられるものです。

 ケーブルは消耗品だからといい加減に扱っては折角の良い音を台無しにしてしまいます。

 時にはシールド周りのチェックをしてみる事をお勧め致します。


ベルデン ( BELDEN 8412 黒 ) 1m S-S型プラグ付ギター・ベース用パッチケーブル






楽天市場
関連記事
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する


トラックバック

https://oyajinoguitar.blog.fc2.com/tb.php/2481-e48e01ee

 | ホーム |