FC2ブログ

プロフィール

BlackDog

Author:BlackDog
 四十代。妻子持ちの普通のおっさんによる、趣味のエレキギターblogです。


カレンダー

01 | 2020/02 | 03
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29

最新記事


カテゴリ


最新コメント


月別アーカイブ


FC2ブログランキング


BLOG RANKING


ブログ村

にほんブログ村 音楽ブログへ
にほんブログ村 にほんブログ村 音楽ブログ ギターへ
にほんブログ村

PR

忍者AdMax

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
音楽
58位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
ギター
2位
アクセスランキングを見る>>

気になるギタリスト97

 気になるギタリスト97回目の今回は、昨年惜しまれつつもこの世を去ったアメリカ人ギタリスト、「ディック・デイル」です。


【輸入盤CD】【ネコポス100円】Dick Dale / Very Best Of Dick Dale (ディック・デイル)




 この手のギタリストが好きな方ならば有名なギタリストだと思いますが、そうでない方はディック・デイルと聞いてもあまりピンと来ない存在かもしれません。


 彼がデビューしたのは1950年代後半。

 「ザ・ベンチャーズ」などが世を賑わしたギターインストゥルメンタルがブームの頃であります。


サーファーズ・チョイス [ ディック・デイル&ヒズ・デルトーンズ ]




 「ディック・デイル」もそうしたギターインストの名手。

 怒涛の様なオルタネイトピッキング(マシンガンピッキング)を繰り出すギタリストと言えば、その曲は知らなくともおおよその演奏スタイルは想像出来るかと思います。


 しかし、彼のギター演奏が独特なのは、右用のギターを左に構え演奏していた事にもその理由があるのかもしれません。

 通常、そうした使い方を想定するのであれば、ナットを手入れし左用に弦を張りなおすものですが、ディック・デイルは右用をそのまま左に構え扱っていたという少々特殊なギタリストであります。

 こうした事からか、生前のジミ・ヘンドリックスがその影響受けた存在として「ディック・デイル」の名を挙げていたとも言われています。


 さて、日本では「ザ・ベンチャーズ」と比べてそこまで有名ではない彼でありますが、実は多くの方が彼の曲を一度は聞いた事があるのではないかというギタリストでもあります。


パルプ フィクション / 「パルプ・フィクション」オリジナル・サウンドトラック 【CD】




 何故ならそれは、90年代に大ヒットした映画「パルプ・フィクション」の中で彼の「Misirlou(※)」が、ほぼメインテーマとして大々的に取り上げられたからです。

 ※ ミシルルー/もともとイージーリスニングの楽曲をディック・デイルがサーフアレンジしたもの


 おそらく多くの方が、映画「パルプ・フィクション」と聞いて思い出されるあの曲。

 あれこそがディック・デイルの演奏であります。


 『パルプ・フィクション』自体は、おおよそ海やサーフィンとは無縁の映画ですが、そのバイオレンスな疾走感を表現するのにディック・デイルの楽曲を選択したあたりが流石、鬼才クエンティン・タランティーノという感じがします。


 なにより、発表から40近い年月をへて映画の主題歌的な採用をされても、一切古臭さを感じさせなかった彼の曲は驚きに値するものだと思います。

 当然、後のロックミュージックに大きな影響を与えた彼ですが、その疾走感あふれる演奏スタイルはメタルミュージックの源流でもあるのではないかと思える程です。


 晩年までその技術を磨き上げ、映画の成功によって再度脚光を浴びた「Misirlou」をさらにアレンジして演奏している様子が今も印象的であります。

 これからもエレキギターミュージックの歴史の中で、語り継がれるべき偉大なギタリストのお一人であると思います。


The Best of Dick Dale (Songbook)15 Classics from the King of the Surf Guitar【電子書籍】[ Dick Dale ]



関連記事
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する


トラックバック

https://oyajinoguitar.blog.fc2.com/tb.php/2502-cd67591a

 | ホーム |