FC2ブログ

プロフィール

BlackDog

Author:BlackDog
50代。妻子持ちの普通のおっさんによる、趣味のエレキギターblogです。


カレンダー

08 | 2020/09 | 10
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

最新記事


カテゴリ


最新コメント


月別アーカイブ


FC2ブログランキング


BLOG RANKING


ブログ村

にほんブログ村 音楽ブログへ
にほんブログ村 にほんブログ村 音楽ブログ ギターへ
にほんブログ村

PR

忍者AdMax

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
音楽
80位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
ギター
4位
アクセスランキングを見る>>

ギタリストのお勉強85

 ギターを弾く上で知っておくとお得な楽典その85。


 前回に引き続き、音階上のダイアトニックコードとして現れる”4和音”についての一考察。

 今回は6(シックス)コードです。


c61.jpg

 おさらいしておきますと、シックスコードはメジャートライアドに長6度が付加された形の4和音です。

 仮にCをルートとするC6ならば、その構成音はC、E、G、Aとなります。


 さて、前回やってみたのと同じように、このC6からルート音を省いてみますが…


c62.jpg

 残るのはE、G、Aの3音。

 メジャー/マイナー各4和音の時の様に残った3音だけではコードとして成立しません。


 以前、シックスコードの構成音だけを見れば(転回すると)m7コードになるという話をしました。

 なので、無理に残った3音を転回してみますが、出来上がるのはAをルートとしたm7の3度が無い形。

 コードの性質を決定づける3度が存在しないという事でやはり和音としては不備がある形にしかなりません。


 つまりこれはどういう事かと申しますと、シックスコードは省略が出来ないという事であります。

 仮に、C6の5度音程であるG音を省略してしまうと、残る構成音はC、E、A。

 これは転回すれば即ちAmです。


c63.jpg

 従いまして、mやm7となるべく区別が付くよう演奏しようとする訳ですが、これがギターではなかなか難しいです。

 ルートを低音に、シックスコードらしさを出す為にA音を目立ちやすい高音へ持っていこうとすると、なかなか厳しいコードフォームが求められます。

 ルートを低音で鳴らす事を諦めて、1~4弦5フレットのセーハという形に省略も可能なのですが、そうすると一気にマイナー感が出てしまいます。

 元々構成音が同じなのですから当たり前と言えば当たり前。

 この様に(メジャー)シックスコードとは非常に微妙な4和音なのです。


 その聞こえ方の違いに拘りなるべくシックスコードとして扱うか、それともm7の異名同和音として扱うか。

 扱いの難しい4和音であります。


Marshall オンイヤーヘッドホン Major III ブラック リモコン/マイク付通話対応 【国内正規品】



関連記事
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する


トラックバック

https://oyajinoguitar.blog.fc2.com/tb.php/2620-d6c6742e

 | ホーム |