FC2ブログ

プロフィール

BlackDog

Author:BlackDog
50代。妻子持ちの普通のおっさんによる、趣味のエレキギターblogです。


カレンダー

07 | 2020/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

最新記事


カテゴリ


最新コメント


月別アーカイブ


FC2ブログランキング


BLOG RANKING


ブログ村

にほんブログ村 音楽ブログへ
にほんブログ村 にほんブログ村 音楽ブログ ギターへ
にほんブログ村

PR

忍者AdMax

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
音楽
74位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
ギター
3位
アクセスランキングを見る>>

ギタリストのお勉強86

 ギターを弾く上で知っておくとお得な楽典その86。


 今回は、和音構成音で見られる”音の指向性”のお話。

 音の指向性とは、その音が次に何処へ(どの音程へ)向かいたがっているか?という事です。


SK000.jpg

 これを理解する上で利用しますのが、お馴染みドミナントセブンスコード。

 ドミナントセブンスコードと言えば、ドミナントモーションを起こすのに必要な大変重要な和音であります。


 さてここで。

 何故、ドミナントモーションは起きるのか?と考えてみましょう。


 急にそんな風に問われましても、「そういう物だから」と答えたくもなりますが、これにもちゃんとした理屈があります。

 その理由を知るのに必要なのが音の指向性という訳であります。


SK001.jpg

 ドミナントモーションを起こす上で大変重要な役割を担うのが、3度音程と7度音程(G7の場合にはB音・F音)二つの関係がトライトーン(三全音)であるというのは以前ご説明した通りです。

 今回もこの2音に注目します。


 そもそも、和音の中で音の指向性を強く発揮させる構成音は、3度と7度なのです。

 和音の性質を決定づける構成音であるからこそ、次に何処へ向かうかという強い指向性を発揮するのであります。

 従いまして、ルートや5度には強い指向性は現れません。

 (ただし、オーギュメントなど増5度がその和音の性質を決定づける様な場合には、5度音程にも指向性は現れます。)


 では、この場合の音の指向性はどうなるかと言いますと、3度音程であるB音は半音上行する指向性を持っています。

 7度音程F音はと言いますと、逆に半音下行(※)する指向性を示します。


 ※ 長調の場合


SK002.jpg

 3度・7度がそれぞれ指向性に従い動くとこうなります。

 この2音だけで既にCメジャーコードのルートと3度音が現れる事となります。

 (ハ長調における基本的なドミナントモーション/G7→C)


 和音構成音が進みたい方向に進んだ結果、指向性が解決される。

 すなわちこれがドミナントモーション(ドミナントの解決)であります。


 先ほども申しました様に、これらの指向性は単音では発揮されません。

 音階全体で見た場合(スケール)にも音の指向性が現れたりもしますが、全て複数の音が絡み合う事で生まれる現象であります。


 その音の集合体(に含まれるある音程)は、今どこへ向かいたがっているのか?

 そこに耳を傾け、音楽を聴いたり(感じたり)、また創作してみるとまた少し違った発見があるかもしれません。


かっこいいコード進行108



関連記事
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する


トラックバック

https://oyajinoguitar.blog.fc2.com/tb.php/2669-2348e797

 | ホーム |