FC2ブログ

プロフィール

BlackDog

Author:BlackDog
50代。妻子持ちの普通のおっさんによる、趣味のエレキギターblogです。


カレンダー

09 | 2020/10 | 11
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

最新記事


カテゴリ


最新コメント


月別アーカイブ


FC2ブログランキング


BLOG RANKING


ブログ村

にほんブログ村 音楽ブログへ
にほんブログ村 にほんブログ村 音楽ブログ ギターへ
にほんブログ村

PR

忍者AdMax

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
音楽
63位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
ギター
3位
アクセスランキングを見る>>

ミュージシャンの為のマルチツール 【Darkglass Electronics】

 ベース用機器開発で有名なフィンランドのブランド「Darkglass Electronics」から、ギタリストを含めた”ミュージシャンの為のマルチツール”という新型機器が発売になります。





Darkgrass Electronics / ELEMENT《予約注文/7月下旬発売予定》


 7月下旬発売予定のDarkgrass Electronics 「ELEMENT」という製品です。


 まず、ミュージシャンの為のマルチツールとは如何なる物か?という話ですが、あえて分類するとならばアンプリファイ。

 ヘッドフォンを接続して利用する”ヘッドフォンアンプ”と言える製品であります。

 本体上部に2系統のヘッドフォン出力を装備しております。


 しかし、単なるヘッドフォンアンプでしたら、マルチツールとは言えません。





Darkgrass Electronics / ELEMENT《予約注文/7月下旬発売予定》


 本体左側面には、XLR端子のDI出力(+GROUND LIFT)を装備。





Darkgrass Electronics / ELEMENT《予約注文/7月下旬発売予定》


 右側面にはINPUTに加えて、SPEAKER OUT端子が用意されています。





Darkgrass Electronics / ELEMENT《予約注文/7月下旬発売予定》


 つまりは、ヘッドフォンアンプとしての機能だけではなく、ミキサーやスピーカーキャビネットにも信号出力が可能な機器という事になります。

 もちろんそんな機器であれば、当然あの最新機能が搭載されているという訳です。


 IR(インパルスレスポンス)ファイルに対応したヘッドフォンアンプ。

 それが本製品をマルチツールと表現する理由です。


 本製品の目玉となるIRキャビネットシミュレーターには、ギター用とベース用IRが多数用意されています。

 もちろん他のIRファイルを本体に読み込み使用することも可能。(最大5種記憶可能)





Darkgrass Electronics / ELEMENT《予約注文/7月下旬発売予定》


 本機INPUTには、アンプ出力を接続する事も可能になっており、キャビネットシミュレーションを通した信号をそのままライン接続/ライン録音と言った使い方も出来ます。〈※)

 ※ 最大900Wのアンプと接続可能な設計。尚、ロードボックス機能はありません。要キャビネット接続。


 アンプの出力が100wまでのものならば、本機を介した後、出力をキャビネットに接続すると言ったルーティングも可能です。


 ミニプラグの外部入力(AUX IN)も備えておりますが、Bluetooth接続にも対応。

 外部音源やメトロノームなどを聞きながらの練習などにも手軽に使用出来ます。


 ヘッドフォンアンプとして見るとかなり高価な機器でありますが、アンプを直接繋げるIRキャビネットシミュレイターとして見れば納得。

 まさに、今最先端の”ミュージシャンの為のマルチツール”と言える機器だと思います。





Darkgrass Electronics / ELEMENT《予約注文/7月下旬発売予定》




楽器の事ならアフターも安心の石橋楽器店!
関連記事
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する


トラックバック

https://oyajinoguitar.blog.fc2.com/tb.php/2691-4c7bc966

 | ホーム |