FC2ブログ

プロフィール

BlackDog

Author:BlackDog
50代。妻子持ちの普通のおっさんによる、趣味のエレキギターblogです。


カレンダー

09 | 2020/10 | 11
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

最新記事


カテゴリ


最新コメント


月別アーカイブ


FC2ブログランキング


BLOG RANKING


ブログ村

にほんブログ村 音楽ブログへ
にほんブログ村 にほんブログ村 音楽ブログ ギターへ
にほんブログ村

PR

忍者AdMax

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
音楽
49位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
ギター
2位
アクセスランキングを見る>>

Joe Bonamassa “Black Beauty” 【Epiphone】

 ブルース・ギタリスト「ジョー・ボナマッサ」の所有する貴重なコレクション。

 この中から選んだ一本をシグネイチャーモデルとして「Epiphone」ブランドより発売するというのはもう恒例(?)と言った感じではありますが。

 またも、新しいジョー・ボナマッサシグネイチャーモデルが発売となりました。





Epiphone / Joe Bonamassa Les Paul Custom Black Beauty 《純正アクセサリーセット進呈 /+811162400》


 今回発売となったシグネイチャーモデルは、彼のコレクションの中でも特に高価な一本。

 1958年製のLes Paul Customを再現した一品。

 Epiphone 「Joe Bonamassa Les Paul Custom Black Beauty」です。


 重厚なイメージのカスタムモデルにさらに迫力を増す3ピックアップ。

 時代を超えて見る者を圧倒するド迫力のスタイルであります。





Epiphone / Joe Bonamassa Les Paul Custom Black Beauty 《純正アクセサリーセット進呈 /+811162400》


 レスポールカスタムと言えば当然、ネック裏含めたオールブラックカラーにゴールドパーツ。

 ボディ表裏に入れられたバインディング装飾にブロックインレイ。

 そのどれもが完全に再現された“Black Beauty”であります。





Epiphone / Joe Bonamassa Les Paul Custom Black Beauty 《純正アクセサリーセット進呈 /+811162400》


 ヘッドの形状は、最新のEpiphoneスタイルと同じ、現行Gibsonに比べるとややスリムなKalamazooスタイルを採用。

 ヘッドインレイやバインディング装飾など、ヴィンテージライクなイエローゴールド仕上げになっているのも魅力的です。





Epiphone / Joe Bonamassa Les Paul Custom Black Beauty 《純正アクセサリーセット進呈 /+811162400》


 拘りを持って採用されたヴィンテージスタイルのチューナーとの相性もまた抜群。





Epiphone / Joe Bonamassa Les Paul Custom Black Beauty 《純正アクセサリーセット進呈 /+811162400》
 

 しかし、その拘りは見た目だけに反映されたものではなく、ネックシェイプも50年代のプロファイルを採用するなど、操作面でも重厚な雰囲気が感じられるでしょう。

 ボディもノンウェイトリリーフ(肉抜きなし)。

 その重さもまたLes Paul Customには必要な要素だと言わんばかりの仕様であります。


 素材はもちろんマホガニーボディ&ネック。

 指板はエボニー材使用。


 これが本家Gibson製だったら、数十万円単位の価格になるでしょうが、そこはEpiphone。

 実売価格80,000円(税抜き)で買えるというのですから驚きです。


 ジョー・ボナマッサシグネイチャーと言いながらも、シグネイチャーらしさがほぼ無いというのが逆にユニークな一本かもしれません。





Epiphone / Joe Bonamassa Les Paul Custom Black Beauty 《純正アクセサリーセット進呈 /+811162400》
 



石橋楽器店
関連記事
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する


トラックバック

https://oyajinoguitar.blog.fc2.com/tb.php/2781-ed289fe3

 | ホーム |