FC2ブログ

プロフィール

BlackDog

Author:BlackDog
50代。妻子持ちの普通のおっさんによる、趣味のエレキギターblogです。


カレンダー

06 | 2021/07 | 08
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

最新記事


カテゴリ


最新コメント


月別アーカイブ


FC2ブログランキング


BLOG RANKING


ブログ村

にほんブログ村 音楽ブログへ
にほんブログ村 にほんブログ村 音楽ブログ ギターへ
にほんブログ村

PR

忍者AdMax

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
音楽
46位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
ギター
3位
アクセスランキングを見る>>

ギタリストのお勉強93

 ギターを弾く上で知っておくとお得な楽典その93。


 今回はギターサウンド(音色)とコードボイシングというお話です。


TAB461.jpg

 まず、図に示しましたのは、ギターコードで最もポピュラーなフルコード。

 バレーコード等とも言われるメジャーコードの”F”の形です。


 一応、コード構成音を確認しておきますと、低音弦側からルート音であるF音程の6弦と5度上の音程の5弦。

 その上に”F”、”A”、”C”のトライアドが綺麗に並び、最後1オクターブ上のF音が加えられているというボイシングとなっています。


 さて、皆様ご存じの様にエレキギターというものは実に様々な音色設定が可能ですので、これをクリーントーンで鳴らすのとハードに歪ませた状態で鳴らすのでは随分と”聞こえ方”が変わります。

 さらに言えば、クリーントーンでもイコライジングにより結構な差が出ます。


 どの場合でも発音している音程は全て同じなのですが、場合によってはフルコードが好ましく無い場合も生まれてくる訳です。
 

 単純に言えば、低音がきつ過ぎる。

 逆に、高音が聞こえない等々。


 楽譜を見る限り問題はなくとも、ギターのサウンドメイクを含めたバンドサウンド全体では問題ありという状態です。


 それでも音色的に大きく変えたくないという場合には、他のコードフォーム(ボイシング)に変更を考えなければなりませんが、コードフォームを変えずに聞こえ方を変える方法もあります。
 

TAB463.jpg

 低音が邪魔というケースならば、音の数を減らせば良いのです。

 単純に省略コードと呼ばれる形に変えてみるだけで聞こえ方が変わります。


 しかも、この上記3つの形、全てがFコードのトライアドを満たす転回形。

 微妙な聞こえ方の違いを考慮しながら、鳴らす音の選択が出来るのです。


TAB462.jpg

 逆に、高音部分が邪魔だという場合にも同様に工夫出来ます。

 最初のフルコードから高音弦側2本をミュートしてしまえば良いのです。


 これも、構成音内にしっかりトライアドが含まれた状態。

 6弦を親指で押弦するカントリーグリップならば、より扱い易い省略コードだと思います。


 さらに言えば、上記省略コードの6弦を押さえないパターンや4弦3フレットを押さえないパターンなども有効です。


 強く歪ませた場合などは特にこうしたコードボイシングの変更/省略は効果的なものになると思います。


VOX エレクトリックギター用 コンパクトエフェクター COPPERHEAD DRIVE VE-CD コッパーヘッド・ドライブ 真空管 Nutube搭載 オーバードライブ



関連記事
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する


トラックバック

https://oyajinoguitar.blog.fc2.com/tb.php/2994-35e9cfee

 | ホーム |