FC2ブログ

プロフィール

BlackDog

Author:BlackDog
50代。妻子持ちの普通のおっさんによる、趣味のエレキギターblogです。


カレンダー

09 | 2020/10 | 11
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

最新記事


カテゴリ


最新コメント


月別アーカイブ


FC2ブログランキング


BLOG RANKING


ブログ村

にほんブログ村 音楽ブログへ
にほんブログ村 にほんブログ村 音楽ブログ ギターへ
にほんブログ村

PR

忍者AdMax

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
音楽
57位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
ギター
3位
アクセスランキングを見る>>

伝統のルックス、10Wギターアンプ【HIWATT】

 イギリス製のギターアンプブランドHIWATT。

 ブリティッシュギターアンプの超有名所として知られる歴史あるアンプブランドです。

 HIWATTブランドのアンプは、イギリスの有名ロックバンド「The Who」のギタリスト、ピート・タウンゼントとジョン・エントウィッスルの為に作られたそうです。

 1960年代後半に産み出されたHIWATTのアンプは、現在に比べ激しく歪むものではありませんでしたが、そのストレートな音色が好評を得、数多くの有名アーティストが使用し有名アンプとしての地位を獲得していきました。

 名品として知られるDR103は、ヴィンテージ市場でも今だ根強い人気を誇っています。


 そんな有名ブランドHIWATTのアンプは、今も昔も高級品。

 有名アーティストと共に並んだWIWATT。

 私は、どんなアンプなのか良く分からないまま、唯漠然と憧れの名アンプとしてのイメージを持つこととなりました。


ハイワット/Hiwatt Custom 7 7w Tube Guitar Amp Head/アンプ/エフェクター/ギターアンプ




 HIWATT製品に詳しい方によると、ヴィンテージと現行品では全く方向性の違うアンプだという話を聞きます。

 新しく作られた製品は、かなり歪む製品になっているようです。

 時代に合わせた進化と捉える事も出来ますが、HIWATTというブランドネームがオリジナルHIWATTのアンプビルダーの手を離れていってしまった事が大きな原因の様です。


 設計思想の違う新しいHIWATTは、HIWATTではないと仰るHIWATTマニアの方もいます。

 しかし、私の様なミーハー趣向な憧れを持つ人間としては、音色や本物どうのは実際二の次で、往年の有名アーティストのイメージや、HIWATTのロゴ、アンプのデザインなどを見ているだけでワクワクしてしまうものです。

 手の届かない高価な製品という事実もそんな憧れを助長する一因でもあります。


 しかし昨年中ごろ、少々驚くべきHIWATT製品が発売されました。

HIWATT CUSTOM 10 [練習用ギターアンプ] 【期間限定特別価格】




 HIWATT CUSTOM 10。なんと、コンボタイプ10W出力のHIWATTです。

 価格もお手ごろ、自宅でも使えるコンパクトな10W。何より、燦然と輝くHIWATTロゴとデザイン。

 お手ごろ価格という事で、もちろん(?)Made in Chinaですし、チューブアンプでもありませんが、ミーハー趣向のオヤジを狙い済ましたような製品コンセプトにある意味脱帽です。





HIWATT / CUSTOM 10 GUITAR AMPLIFIER 【限定生産品】


 見た目は小さな入門者向けアンプにも見えますが、コントロールもいい加減な物ではなく、GAIN,VOLUME,MASTER,TREBLE,MIDDLE,BASSを備えた本格派。

 ヘッドフォン端子も設定されています。

 ちなみにこちらのCUSTOM 10、限定生産品だそうで、在庫が無くなり次第終了との事。


 私、憧れのHIWATT、限定生産なんて言われれば、欲しくなってしまうのも当然なのですが、狭い我が家、コンパクトアンプとは言え場所を取る代物をパッと買う訳にも行かず二の足を踏んでおります。

 手に入れる事を躊躇い、製品画像を眺めれば眺める程、憧れは増して行くばかりです…。




HIWATT / CUSTOM 10 GUITAR AMPLIFIER 【限定生産品】




楽器の事ならアフターも安心の石橋楽器店!
関連記事
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する


トラックバック

https://oyajinoguitar.blog.fc2.com/tb.php/313-db4cd1e5

 | ホーム |