FC2ブログ

プロフィール

BlackDog

Author:BlackDog
50代。妻子持ちの普通のおっさんによる、趣味のエレキギターblogです。


カレンダー

09 | 2020/10 | 11
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

最新記事


カテゴリ


最新コメント


月別アーカイブ


FC2ブログランキング


BLOG RANKING


ブログ村

にほんブログ村 音楽ブログへ
にほんブログ村 にほんブログ村 音楽ブログ ギターへ
にほんブログ村

PR

忍者AdMax

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
音楽
57位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
ギター
3位
アクセスランキングを見る>>

ちょっとした小技17

 知っていると、少しだけためになるかもしれない小技。

 前回は、ピックを支える力、すなわち通常ピッキングを行う右手の力についてのお話でした。

 今回のちょっとした小技は、フィンガリングを行う側の手、左手の力についてです。


 プロギタリストのフィンガリングと言ってまず思い浮かぶのが、なめらかで無駄の無い動き。

 そこに要求されるのは、余裕のある押弦力、各指の分離・柔軟性、そして正確でスピーディーな動き。

 ギターを練習しようとする者は、これらを手に入れるべく、フォームを見直したり、基礎練習を繰り返したりと日々努力しているものだと思います。

 この中でも上手な演奏、滑らかなフィンガリングをするのに欠かせない”押弦”というもの、その力について考えてみましょう。


 「押弦」つまりはギターの音程を変えるべく、フレット/フレットボードを押さえる行為の事ですが、張力のかかったギター弦を押さえる作業ですので、当然、押弦力が必要です。

 この、押弦力が不足していると、弦のビビリが起きたり、ベンド時に指から弦が離れてしまうといったミスに繋がる事となります。

 また、ギター弦の張力(弦テンション)が強ければ、それだけ強い力が必要となります。

 同じギターでも、太いゲージの弦を張れば、より押弦力は必要となりますし、それに加え、ベンド時にも弦を保持する力、持ち上げる力共に強い力が必要となります。


 そう考えると、上手な演奏をする為には、べらぼうな握力や指の力が必要なのか?なんて思ってしまいますが、実際の所どうなんでしょう?


 一旦ここで、押弦「フレットを押さえる」という行為の基礎を振り返ってみましょう。

 フレットを押さえる基礎としてよく言われているのは「フレットの直近を押さえるのが大事」と言う事です。

 ワイドストレッチなどの場面では、この”フレット直近”を押さえるのがなかなか難しい場合もありますが、理想としては如何なる時にもフレットに極近い位置を押さえるべきだと言う事です。

 これは、なるべく正確な音程を出すのに必要な事で、フレットから離れた位置を押さえてしまうと、微妙なピッチのズレが発生してしてしまうからです。

 ですが、初心の内には、頭で分かっていても常にフレット直近を押さえるのは難しいものです。

 其の為に、左手の柔軟性を上げ、なるべくフレット直近を押さえられる様に練習するわけですね。


 そして、もう一つ。「フレット直近を押さえる」事には重大な意味合いがあります。

 フレット直近を押さえた場合と、フレットとフレットの中央あたりを押さえた場合を比較してみましょう。

 フレット直近を押さえ、グイグイと強い力をかけて行くと・・・ピッチは多少ずれるでしょうが、フレットがある為、押さえた弦がフレットボードに触れ難いと思います。

 今度はフレットとフレットの中間で同じ様に力を加えて行くと、弦はたわみ、押さえた弦は容易くフレットボードに触れる事になると思います。フレット直近の時と比べピッチのズレも大きくなるはずです。

 どちらの場合も不用意な力を加え押弦してしまうと、ピッチのズレを生み出してしまうという点は同じですが、フレットとフレットの間を押さえた場合の方が弦のたわみは大きく、より簡単に弦がフレットボードに接触してしまうという事態に陥ります。これは当然ピッチのズレも大きくなります。

 逆に、基本通りフレット直近の押弦ならば、不意な力が入ったとしてもフレットが邪魔をして押さえた弦がフレットボードに触れると言う事も無く、ピッチはズレ難いと考えられるわけです。

 つまり、フレット直近を押さえると言う事は、自然と押弦力のコントロールが出来ている状態になりますし、ひいてはピッチの安定にも繋がっているという事になります。


 更に追補するならば、上級者の方ともなると、たとえフレットとフレットの中間を押弦するような場面があろうとも、押さえた弦がフレットボードに触れるような事はありません。

 ”適度”な押弦力/フィンガリングにより、最小限の力で弦とフレットとを接触させているのです。


 スキャロップド指板というものをご存知でしょうか?



Fender Japan / Yngwie Malmsteen Signature Stratocaster ST-YJM


 フレットとフレットの間の指板部分が、特にハイフレット部やもしくは指板全体に渡ってえぐられた状態に加工された指板のことです。早弾きの帝王、イングヴェイ・マルムスティーンの使用ギターが有名ですね。
 
 フレット間がえぐられた加工になっている為、押弦しても押さえた弦が指板部分に触れる事はほぼありません。

 こうした指板のギターでは、張られた弦を指先で押さえつけ”フレットに触れさせているだけ”の押弦になるわけです。


 この押弦法は、たとえ通常の指板だとしても同じ事で、上級者の場合”適度な力”で”押さえた弦が指板に触れない押弦”をしていると考えると分かり易いかと思います。

 フレット直近の押弦でも、フレットとフレットの中間部分を押さえようとも、力任せな押弦は必要ないばかりか、ピッチのズレを招いてしまう悪い押弦と言う事です。


 こうして考えると、押弦力というものは、技量さえあれば大して必要なものではない?と考える事も出来ますが、そもそも無い力をコントロールする事は難しく、十分な押弦力があってこそコントロール出来うるものだとも考えられます。


 しかも、ギター演奏時には、常に”適度な押弦力”を意識して押弦出来る場面ばかりとは限りません。

 素早い運指が必要とされる中で、適度な押弦力が必要とされます。

 素早い運指というのは、”スピード”すなわち”力”でありますから、同時にこれを鍛錬する事も必要となります。


 以前、脱力についての記事を書きましたが、其の時と同じ様に、フィンガリングスピードという”力”と適度な押弦力という”技”として考えると分かり易いと思います。


 一口にフレットを押さえると言っても、考えてみると至極複雑な力加減の作業を行うものだという事がわかります。

 なんとも無理難題という気もしますが、これを克服するには、日々弛まぬ努力をする以外にありません。


 自身の押弦をもう一度振り返り、適度な押弦力を念頭に置いたフィンガリングというものを意識して練習すると、また一歩上達のきっかけをつかめるかもしれません。




Fender Japan / Limited Edition Stratocaster ST62




業界No.1のインターネット楽器販売専門サイト石橋楽器店!
関連記事
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する


トラックバック

https://oyajinoguitar.blog.fc2.com/tb.php/358-f1d2a9f4

 | ホーム |