fc2ブログ

プロフィール

BlackDog

Author:BlackDog
50代。妻子持ちの普通のおっさんによる、趣味のエレキギターblogです。


カレンダー

01 | 2024/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 - -

最新記事


カテゴリ


最新コメント


月別アーカイブ


FC2ブログランキング


BLOG RANKING


ブログ村

にほんブログ村 音楽ブログへ
にほんブログ村 にほんブログ村 音楽ブログ ギターへ
にほんブログ村

PR

忍者AdMax

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
音楽
67位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
ギター
3位
アクセスランキングを見る>>

ちょっとした小技98

 知っていると、少しだけためになるかもしれない小技。


 ギターヒーローの演奏を”極上のトーン”などと表現する場合がありますが、今回の小技はそうした極上のトーンという意味についてのお話を少々。


 ギターを始めたばかりの方などは特に、”トーン”と聞いて単純に”音色”と捉えてしまう事もあるかと思います。

 すなわちそれは極上の機材があってこそ成しえるものだと。


■[ファンコ] FUNKO POP! Rocks: Queen - Brian May <クイーン/ブライアン・メイ>




 もちろん、トップアーティストの方々ともなれば、超高級なギターを携え、こだわりのアンプリファイや名品と言われるエフェクターなどを使用しているのは自然な話です。

 しかし、そんなアーティストと同じ機材を揃えれば、問題の”極上のトーン”が手に入るかと言うとそう簡単な話ではありません。


■[ファンコ] FUNKO POP! ROCKS: Eddie Van Halen w/Guitar <ヴァン・ヘイレン>




 そもそも、プロギタリストの方々は総じて、ギターの扱い(演奏技術)が馬鹿上手いものです。

 トーン(音色)というと勘違いが起きてしまうかもしれませんが、それこそアマチュアからすると超絶的に感じられる、優れた技巧があってこその”極上のトーン”であるのです。


 ミスのない滑らかな運指から、絶妙なピッキングのタッチ。

 素人目に見ても凄さの分かる速弾きギタリストではなくとも、プロの方々の演奏技術というのは本当に恐るべきレベルのものなのだと思います。


 ギターを長く続けていれば、そうした一つ一つの細かな凄さに段々と気が付いて行くものかもしれません。

 しかし、実際に腕を鍛え、耳を鍛えて行かなければ、なかなかプロの凄さであるそうした部分には気づき難いものかもしれません。


 ギターを全くやらない方でも、音楽通の方ともなると「このギタリストは凄い」と気づく場合も多いと思います。

 これもまた、様々な音楽、ギターの演奏を聞いて、耳を鍛えた結果であると思われます。


 全てのギター愛好家がそうした”極上のトーン”を奏でる域にまで辿り着けるものなのか私にはわかりませんが、憧れのギタリストに少しでも近づける様たゆまぬ努力を続ける事自体が、またギターの面白さでもあると思います。



ネカ アンガス・ヤング 「AC/DC」 8インチ アクションドール Highway to Hell ver






楽天市場
関連記事
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する


トラックバック

https://oyajinoguitar.blog.fc2.com/tb.php/3599-feecd236

 | ホーム |