fc2ブログ

プロフィール

BlackDog

Author:BlackDog
50代。妻子持ちの普通のおっさんによる、趣味のエレキギターblogです。


カレンダー

01 | 2024/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 - -

最新記事


カテゴリ


最新コメント


月別アーカイブ


FC2ブログランキング


BLOG RANKING


ブログ村

にほんブログ村 音楽ブログへ
にほんブログ村 にほんブログ村 音楽ブログ ギターへ
にほんブログ村

PR

忍者AdMax

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
音楽
65位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
ギター
3位
アクセスランキングを見る>>

号外 おっさんの戯言

 今年は本当にどうしてしまったのでしょう。

 年始から、こんなお知らせばかりが続いてしまいます。


Marquee Moon




 1970年代のニューヨークパンクムーブメント期に活躍した「TELEVISON」を率いたボーカリスト/ギタリスト、「トム・ヴァーレイン」が去る1月28日にこの世を去りました。

 享年73歳。

 一時代を築いたレジェンド達が、かなりの高齢になっているのは当然の事とは言えますが、こうも立て続けに残念な知らせが伝えられると、より一層暗い気分になってしまいます。


Adventure




 通常、ボーカル/ギターという形であれば、ボーカリストはサイドギター的な役割に徹する事が多い物。

 しかし、「トム・ヴァーレイン」の場合には、実に凝ったフレーズを演奏しているイメージが強いギタリストでした。

 後に続く、ロンドンパンクムーブメントに比べ、それこそ芸術的な音楽表現を行おうとしていたミュージシャンであったと思います。


 TELEVISONは、1978年に一度解散。

 その後、92年に再結成され、度々日本公演も行われておりました。


Songs and Other Things




 トム・ヴァーレイン自身もバンド解散後からソロ活動を継続。

 インストを含めた数多くの作品を残しました。


 一時代を築き、その後もアーティストとして生き続けた人物がこの世を去っていくのは悲しい限りです。

 偉大なアーティストのご冥福をお祈りいたします。


Dreamtime



関連記事
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する


トラックバック

https://oyajinoguitar.blog.fc2.com/tb.php/3652-abf4e7ba

 | ホーム |