fc2ブログ

プロフィール

BlackDog

Author:BlackDog
50代。妻子持ちの普通のおっさんによる、趣味のエレキギターblogです。


カレンダー

01 | 2024/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 - -

最新記事


カテゴリ


最新コメント


月別アーカイブ


FC2ブログランキング


BLOG RANKING


ブログ村

にほんブログ村 音楽ブログへ
にほんブログ村 にほんブログ村 音楽ブログ ギターへ
にほんブログ村

PR

忍者AdMax

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
音楽
65位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
ギター
3位
アクセスランキングを見る>>

ダンブル系ドライブペダル 【Free The Tone】

 国内ブランド「Free The Tone」から、伝説のダンブルアンプサウンドをペダルで再現する、新作オーバードライブペダルが発売になります。





FREE THE TONE / OVERDRIVELAND ODL-1-CS《次回入荷分予約受付/納期未定》


 Free The Tone 「OVERDRIVELAND」です。


 まず、この「OVERDRIVELAND」には、”Custom Shop”バージョン(ODL-1-CS)と”Standard”バージョン(ODL-1)の2種類が用意されており、CSバージョンの発売日は10月21日予定。

 Standardバージョンの発売日が12月21日予定となっております。





FREE THE TONE / OVERDRIVELAND ODL-1《予約注文/12月21日発売予定》


 両バージョンの違いは、搭載された”電源切替機能”です。

 
 Custom Shopバージョンの方は、9V動作もしくは、オーディオ回路に供給する電圧を DC10V~19Vの間で無段階に調整可能な仕様。

 Standardバージョンの方では、9V動作もしくは、9V入力を内部で昇圧(DC14.5V)の選択が出来る様になっています。


 電圧変化によるサウンドの変化を楽しめる仕組みが、より細かく設定出来るか否かの違いになります。





FREE THE TONE / OVERDRIVELAND ODL-1《予約注文/12月21日発売予定》


 いくつもの本物のダンブルアンプに触れた結果開発された本機は、アンプライクな多数の機能を備えた2チャンネル仕様。

 ”HI-CUT”やトーンバイパス(”Grass”)機能などを活用した、拘りのドライブサウンド生成が可能となっております。


 さらに注目されるのは、搭載された”HTS(Holistic Tonal Solution)” 回路。

 これは、従来のバッファーとは異なる方式で、サウンド特性を引き出し、低ノイズを実現する回路なのだそうです。

 HTSは、エフェクトOFF時にも音質劣化を防いでくれるものです。




 ※ 動画に登場するのは、開発途中の”プロトタイプ”品です。


 既に、発売前から大きな話題を集めているFree The Tone渾身の一品。

 伝説の高級アンプサウンドに迫る性能が期待される、注目の新作です。





FREE THE TONE / OVERDRIVELAND ODL-1-CS《次回入荷分予約受付/納期未定》




大都市圏に13店舗を運営!楽器の事ならアフターも安心の石橋楽器店!
関連記事
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する


トラックバック

https://oyajinoguitar.blog.fc2.com/tb.php/3881-39aa578b

 | ホーム |