FC2ブログ

プロフィール

BlackDog

Author:BlackDog
50代。妻子持ちの普通のおっさんによる、趣味のエレキギターblogです。


カレンダー

09 | 2020/10 | 11
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

最新記事


カテゴリ


最新コメント


月別アーカイブ


FC2ブログランキング


BLOG RANKING


ブログ村

にほんブログ村 音楽ブログへ
にほんブログ村 にほんブログ村 音楽ブログ ギターへ
にほんブログ村

PR

忍者AdMax

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
音楽
63位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
ギター
3位
アクセスランキングを見る>>

生産完了【Four Force EM-1】

 インパクトある多面体ボディのコンボアンプ、Four Force EM-1が生産完了だそうです。



【生産完了につき大特価】Four Force / EM-1


 Four Forceはアメリカの新興ブランド。

 ”HP”のロゴで有名なコンピューター企業、ヒューレット・パッカード社の元エンジニアが立ち上げたというちょっと変わったブランドであります。

 国内取り扱いは、エフェクターブランドとして有名な日本エレクトロハーモニックス社が勤めています。


 このFour Forceブランドより発売されている5wギターコンボアンプEM-1。

 J-FetプリアンプとMOSFETパワーアンプを搭載という言葉の意味はわからないが、なんだか凄そうな装備が売りです。

 ワイルドなディストーションと独自のチューブ・イリュージョン回路で、クリーントーンからハイゲインディストーションまで幅広いサウンドに対応。

 チューブ・イリュージョン回路・・・言葉のチョイスがちょっとアレですが、Four Force自信の作であることに間違いはないでしょう。



【生産完了につき大特価】Four Force / EM-1


 EM-1の変わった点として、本体が耐衝撃性ABS樹脂で成形されている事があげられます。

 小型ながら、重低音を売りとするEM-1。

 ABS樹脂というボディ素材が重低音再生に一役買っているのではないかと推測出来ます。

 ABS樹脂ですから本体を軽量化出来たのも優れた点だと言えるでしょう。

 それだけではなく、小型アンプには珍しく外部スピーカーを接続する事も可能になっています。

 外部スピーカーは、4〜16Ωまで対応。

 これはまた、ABS樹脂製ボディのボディ鳴りを抜きにしても、そのサウンドに自信有りという証左でもあります。



 本体上部の操作部は、3バンドイコライザーとオーバードライブ、ボリュームの5コントロール。

 ゲイン回路は独立4段で、アンプ単体でもかなり歪ませる事が可能です。


 ローノイズ・ハイゲイン、売りどころ満載の高品位なアンプであるEM-1。

 元HPエンジニア渾身の一作という感じがします。


 J-Fetプリアンプ、MOSFETパワーアンプ、チューブ・イリュージョン回路・・・。

 良い製品なんだと伝えたい気持ちは分かりますが、なんかこう説明文言が空回りしている感じがします。

 余計な事を言わず、音を聞いてくれ!と売り出したほうが結果良かったのではないか?なんて考えてしまいます。


 これだけの自信作ですので、定価は¥22,000と小型ソリッドステートアンプとしては結構な価格です。

 それが今回、生産終了と言う事で、かなりお買い得な価格になっています。

 廉価な入門用アンプを買うくらいなら、Four Force EM-1の方が断然お得である事は言うまでもありません。 

 



Electro harmonix / NANO BIG MUFF




石橋楽器店

関連記事
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する


トラックバック

https://oyajinoguitar.blog.fc2.com/tb.php/390-f8c3b43a

 | ホーム |