FC2ブログ

プロフィール

BlackDog

Author:BlackDog
 四十代。妻子持ちの普通のおっさんによる、趣味のエレキギターblogです。


カレンダー

11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最新記事


カテゴリ


最新コメント


月別アーカイブ


FC2ブログランキング


BLOG RANKING


ブログ村

にほんブログ村 音楽ブログへ
にほんブログ村 にほんブログ村 音楽ブログ ギターへ
にほんブログ村

PR

忍者AdMax

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
音楽
80位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
ギター
2位
アクセスランキングを見る>>

白く輝くブティック系【ARC EFFECTS】

 高品質な製品開発で知られる、ブティック系ブランド「ARC EFFECTS」。

 ゲルマニウムファズやトーンブースターなどの歴史的名器を研究しつくした上で、ローノイズや電源強化など現代のエフェクターに求められる要素を満たすべく設計改良された製品を作り出している事で有名です。

 こだわりのパーツ選びに完全ハンドメイド。

 少数生産のまさにブティック系と呼べるブランドです。


 そんなARC EFFECTSから、新型GAMUT(トレブルブースター)が発売になっています。

ARC EFFECTS GAMUT V3 [ Germanium Booster ]




 ARC EFFECTS 「GAMUT V3」は、リッチー・ブラックモアやブライアン・メイ等が使用していた事で有名な「Dallas Rangemaster」を元に作られた製品です。

 「Dallas Rangemaster」は1960年代に生産されていたトレブルブースター。

 今ほど歪み系エフェクトの無い時代、ファズなどと共にギターサウンドの核となる歪み系エフェクトとして利用されていた機材です。

 「Dallas Rangemaster」は小型溶接機械かのような大きな機材。

 これがいまや、フロアストンプペダルに小型化出来るのですから、時代の流れを感じてしまいます。


 真っ白な筐体に配置されたコントロールは、GAIN,BOOST,RANGEの3コントロール。


 当初のモデルは、BOOSTのみの1コントロールだったGAMUT。

ARC EFFECTS《アーク・エフェクツ》 GAMUT トレブルブースター




 前バージョンのモデルでRANGEコントロールが追加され2コントロール化。

 今回のV3ではGAINコントロールが追加され3コントロール化されました。

 3コントロール化された事で、RANGEコントロールによりブースト音域の変化、GAINコントロールで最終的な出力音量とゲインをコントロールすることが可能になり、より細かなサウンドメイク/幅広いセッティングへの対応が出来るようになりました。


 ブースト回路の心臓部に使われるゲルマニウムトランジスタは、エンジニア自らがテストし選別した厳選パーツを使用。

 個体差を排除しようとする生産努力が感じられるポイントです。

 9V乾電池もしくは、ACアダプターの2電源方式のストンプペダルです。


 さて、ARC EFFECTSと言うと、プレミアオーバードライブペダル「KLON Center」を元に作られた「KLONE V3」が有名でもあります。



ARC EFFECTS / KLONE V3


 こちらもバージョンアップを重ね、現在V3。

 数あるCenterクローンの中でも評判の高い一台である事から、入荷してもじき売れてしまい入手困難という場合が多い様です。

 Centerクローンを探している方には、要チェックな一台であります。


 ついでにCenterクローンと言えば、近頃発売されたElectro harmonixブランドのCenterモチーフオーバードライブ「Soul Food」。

Electro Harmonix Soul Food 《エフェクター/オーバードライブ/ディストーション》 【送料無料】【次回入荷未定・ご予約受付中】




 多くのCenterクローンペダルが高価な製品である中、比較的お求めやすい価格のせいか、なかなか売れ行き好調なようですね。

 多くの店舗で売り切れや予約注文という状態になっているようです。


 「KLON Center」のネームバリューは、改めて凄いものだなと感じるところです。




ARC EFFECTS BIG GREEN Pi ファズ




Gibson、Fender、Martinなら充実の品揃えの石橋楽器店!
関連記事
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する


トラックバック

https://oyajinoguitar.blog.fc2.com/tb.php/400-d5d01004

 | ホーム |