FC2ブログ

プロフィール

BlackDog

Author:BlackDog
 四十代。妻子持ちの普通のおっさんによる、趣味のエレキギターblogです。


カレンダー

10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最新記事


カテゴリ


最新コメント


月別アーカイブ


FC2ブログランキング


BLOG RANKING


ブログ村

にほんブログ村 音楽ブログへ
にほんブログ村 にほんブログ村 音楽ブログ ギターへ
にほんブログ村

PR

忍者AdMax

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
音楽
70位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
ギター
2位
アクセスランキングを見る>>

定番フレーズ5

 ギター練習に役立ちそうな定番フレーズ五回目は、基礎練習定番のスケール練習です。

1~12フレットの間に考えうる長調(メジャー)の運指パターン。開放弦を使ったものを含めて大体4~5パターンあると思うのですが、その中から低音フレットを使ったものを一つ。


 最初に弾くべきポジションの確認です。

    ポジション1

 ハ長調(Cメジャー)スケールです。(レギュラーチューニングが前提)
この形さえ覚えてしまえば、長調の曲であれば調性(キー)が変わってもフレットの移動だけでメロディーが弾けることになります。

 五弦3フレット、三弦5フレットがそれぞれ主音になります。(レギュラーチューニングならC)

具体的な運指フォームですが、六弦から三弦までは人差し指が2フレット担当。二弦と一弦は一つフレットを移動して、3フレットを人差し指が担当する感じです。


TAB11.jpg
TAB12.jpg

 初めは、このスケール上を単純に上がっていけば良いだけです。
慣れてきたら、高音弦から低音弦へ下り。
 ワイドストレッチに自信のある方は、一弦7フレットを加えても良いでしょう。

 なるべくスムーズに、そして綺麗に音が鳴っているかを意識しながら練習すると、練習し甲斐もあると思います。

 毎回同じ文言で恐縮ですが、メトロノームを利用したりテンポを上げる努力をする事で、より難易度はあがります。


LINE6 POD STUDIO GX



関連記事
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する


トラックバック

https://oyajinoguitar.blog.fc2.com/tb.php/41-3e0bdafc

 | ホーム |