FC2ブログ

プロフィール

BlackDog

Author:BlackDog
 四十代。妻子持ちの普通のおっさんによる、趣味のエレキギターblogです。


カレンダー

10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最新記事


カテゴリ


最新コメント


月別アーカイブ


FC2ブログランキング


BLOG RANKING


ブログ村

にほんブログ村 音楽ブログへ
にほんブログ村 にほんブログ村 音楽ブログ ギターへ
にほんブログ村

PR

忍者AdMax

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
音楽
76位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
ギター
2位
アクセスランキングを見る>>

定番フレーズ7

 ギター練習に役立つのではないか?という定番フレーズ7回目。

 今回の趣旨として弾くフレーズはどうでもいいのですが、以前スケール練習で利用したハ長調の違うフレットでのスケールを利用する事にします。

 まず、ポジションの確認です。

ポジション2

 7フレットから始まるハ長調のポジション(以前同様、レギュラーチューニング前提です)は、フレット移動が無いので比較的簡単なポジションと言えると思います。

 覚えておいて損は無いので丸暗記してしまうと良いでしょう。
 6弦8フレットと4弦10フレット、1弦8フレットが主音になります。

 これを弾いて行く訳ですが、ただ弾くのではなく、ハンマリングオン・プリングオフを使って弾いて行こうという課題です。


TAB17.jpg
TAB18.jpg

 このように6弦をピッキング→連続ハンマリングで8フレット→10フレット、5弦をピッキング→8フレット→10フレットの様に弾いていきます。

 1間10フレットをハンマリングしたら帰りは、1弦ピッキング→連続プリングオフで8フレット→7フレットという感じで6弦まで戻ります。


 比較的早い段階で弾けるようになったという方もいらっしゃるかとは思いますが、今回のハンマリング・プリングの連続と言うのは左手強化が本来の目的です。


 続けて同じフレーズを反復したり、テンポを上げる訓練をする事によって、スムーズなフィンガリング技術の向上に効果があると思います。

 日々の練習メニューに加えて損はない、ハンマリングオン・プリングオフです。


FENDER 65 Twin Reverb ギターアンプ






関連記事
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する


トラックバック

https://oyajinoguitar.blog.fc2.com/tb.php/47-9e6544ca

 | ホーム |