FC2ブログ

プロフィール

BlackDog

Author:BlackDog
 四十代。妻子持ちの普通のおっさんによる、趣味のエレキギターblogです。


カレンダー

06 | 2020/07 | 08
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

最新記事


カテゴリ


最新コメント


月別アーカイブ


FC2ブログランキング


BLOG RANKING


ブログ村

にほんブログ村 音楽ブログへ
にほんブログ村 にほんブログ村 音楽ブログ ギターへ
にほんブログ村

PR

忍者AdMax

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
音楽
55位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
ギター
2位
アクセスランキングを見る>>

気になるギタリスト44

 気になるギタリスト44回目は、その短い人生からは想像も出来ない程、数々のヒット曲を残し、まさにロックレジェンドと形容するに相応しいアーティスト/ギタリスト「エディ・コクラン」 です。

Summertime Blues




 1938年アメリカミネソタ州に生まれたエディ・コクラン。

 1950年代中盤にはミュージシャンとして活動を始め、その後ソロ活動を開始します。

 1956年制作のロックンロール映画「The Girl Can't Help It」の作中で、TV出演するロックンローラー役として登場。

 この時披露された曲が「Twenty Flight Rock」でした。

 後にストレイキャッツやローリングストーンズがカバーする事となるこの曲。

 踊るようにギターをかき鳴らし謳うエディ・コクランの名を世間に広めることとなりました。

 1950年代中盤といえば、丁度ロカビリーブームの頃。

 ロカビリーの帝王、エルビス・プレスリー同様、このブームに乗りヒットを飛ばしていく事となります。


 1958年に発表された「Summertime Blues」はあまりにも有名で、ストレイキャッツやザ・フー、T-REXなど数多くのロックアーティストにカバーされた名曲です。

カバーズ




 我が国でも、忌野清志郎氏率いるRCサクセションがアルバム「COVERS」の中で、反原発を歌う歌詞が乗せられる形でこの曲をカバーし、発売中止騒ぎが起きる等、話題となりました。


 エディ・コクランは、その後も「C'mon Everybody」や「Something Else」など、後々数多くのロックアーティストにカバーされるような名曲を連発。

 ロックンロール・ロカビリースターとしての地位を確固たるものにして行きました。

プレミアム・ツイン・ベスト カモン・エヴリバディ~エディ・コクラン・ベスト




 しかし、そんな矢先の1960年、イギリスツアー中だった彼を交通事故という不運が襲います。

 乗っていたタクシーが街灯に衝突。エディ・コクランは、21歳と言う若さでこの世を去ることとなりました。


 ロカビリーアーティストはもちろんの事、LED ZEPPELINやUFOといったハードロックアーティストをも魅了したエディ・コクラン。

 僅か4~5年という活動期間にもかかわらず、彼の残した名曲達は後のロックアーティスト達に多大な影響を与えました。


 夭折の天才とは、まさに彼の事を表す言葉の様です。

 今も時折テレビから流れてくる彼の名曲達。

 どんなに時代が流れても尚、輝き続けるエディ・コクランの功績は、その活動期間の短さからは想像も出来ないロック界のレジェンドだと言えるでしょう。




Gretsch / G6120-1959LQ SP FSR




Gibson、Fender、Martinなら充実の品揃えの石橋楽器店!
関連記事
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する


トラックバック

https://oyajinoguitar.blog.fc2.com/tb.php/471-5293a82d

 | ホーム |