FC2ブログ

プロフィール

BlackDog

Author:BlackDog
50代。妻子持ちの普通のおっさんによる、趣味のエレキギターblogです。


カレンダー

10 | 2020/11 | 12
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

最新記事


カテゴリ


最新コメント


月別アーカイブ


FC2ブログランキング


BLOG RANKING


ブログ村

にほんブログ村 音楽ブログへ
にほんブログ村 にほんブログ村 音楽ブログ ギターへ
にほんブログ村

PR

忍者AdMax

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
音楽
57位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
ギター
2位
アクセスランキングを見る>>

安ギター考

 近年、インターネット上で飛び交う「安ギター」と言う単語。
私もネットで知った口なのですが、言葉通りの売価の安いギターを指す言葉です。

 昔に比べ、安価でギターが買えるようになったと感じてはいたのですが、ここ数年の価格破壊の度合いは目を見張るものがあります。

 売価6000円代からなんていうギターも当たり前。恐ろしい時代になったものです。

 しかし、売る側も商売である以上、当然、利益を出さなければいけない訳で、同じような安ギターでもメーカーや固体によってクオリティは様々。結果、あたりはずれが大きい印象も受けます。

 それを今度は、買い手の側で良い製品はどれだ?とインターネット上で盛んに情報交換をしたりと、時はまさに安ギター戦国時代とも言える様相を呈しています。


 新品売価8980円のフライングV!なんて聞けば、私の様な古い人間は開いた口が塞がりません。
 もしも、私が若い頃にそんな価格のギターが売っていたならば、おもちゃを通り越して到底ギターとは呼べないガラクタだったに違い無かったでしょう。
 現在ではそんな事も無く、厳しい消費者の目に叶うよう、なかなかどうして、侮れないクオリティの製品が流通するようになりました。


 安ギターの経緯として、人件費の上がりすぎた国内生産から韓国や中国に生産現場を移して行った流れがありますが、現在は東南アジアへと製作現場が移っているようですね。

 とはいえ、年々そのクオリティも上がり、安ギターと馬鹿には出来ないような製品も出てきています。


 私が注目したのが、Mavisというブランド。こちら老舗楽器店イシバシ楽器オリジナルブランドだそうです。
MST-200と言うストラトモデルの入門ギターが6000円程度、と一般的な安ギターをラインナップしているのですが、上位機種にMST-600と言うモデルがあります。



Mavis / MST-600 Version.3


 売価14800円で、ボディはマホガニー、ペグはグローバー、キルテッドメイプルトップにバインディング装飾と信じられない様な価格とスペック。

 もう、私のような世代の人間は、唯々呆然とするしかありません。

 グローバーのペグなんて、昔ならば、ミドルからミドルハイスペックのギターにやっと搭載されていたような代物ですもの。

 ここまで来たらもう「安ギター」なんて呼んではいけない位のスペックです。


 このMavis MST-600。徐々に進化を遂げているらしく、現在はバージョン3。
一つ前のバージョン2だとボディ材こそ変わりますが、グローバーペグ搭載で9900円からという処分価格。



Mavis / MST-600 Trans Purple Burst【クリップチューナー付き】【WEB限定】


 製造メーカー、販売店の苦労を思えば同情の念を禁じえません。


 消費者の立場からすれば、こういった競争はありがたい限りなのですが、ここまで競争が過熱してしまうと逆に心配になってしまいます。
 欲しいときに良い商品を、低価格で買えると言うのが一つの理想な訳ですから。

 と言いながらも、この競争の果てにどんな新型安ギターが出てくるのか!と日々ワクワクして待っている事もまた事実です。すみません。





SELVA / SST-600 STYLE3 【送料無料】




楽器総合小売店の石橋楽器!
関連記事
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する


トラックバック

https://oyajinoguitar.blog.fc2.com/tb.php/51-0d034831

 | ホーム |