FC2ブログ

プロフィール

BlackDog

Author:BlackDog
 四十代。妻子持ちの普通のおっさんによる、趣味のエレキギターblogです。


カレンダー

10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最新記事


カテゴリ


最新コメント


月別アーカイブ


FC2ブログランキング


BLOG RANKING


ブログ村

にほんブログ村 音楽ブログへ
にほんブログ村 にほんブログ村 音楽ブログ ギターへ
にほんブログ村

PR

忍者AdMax

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
音楽
91位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
ギター
5位
アクセスランキングを見る>>

ネットウィンドウショッピング

 ここ数年、私の小さな楽しみの一つが、ネットウィンドウショッピングだったりします。

 もちろん、何でもホイホイ買ってしまえるほど、私に器量があるはずも御座いません。
今はこんなギターが売っているのか。こんな機材はこんな価格になったのか。と、眺めて楽しむのが殆ど。

 楽器店のHPを眺めていると、何が欲しいわけでもないのに楽器店に足を運びワクワクしながら見て回っていた頃のように、童心に帰ったようなそんな気分に浸れるんです。


 先日、いつもの様にネットウィンドウショッピングをしていた所、こんなギターを発見。



Washburn / PS1600 WH


 Washburn PS1600と言うギターだそうです。

 ワッシュバーンと言って私が真っ先に思い浮かべるのは、ハードロックバンド「Extreme」のギタリスト、ヌーノ・ベッテンコート。そんなイメージの強いメーカーの製品にしては珍妙なこのギター。
 それもそのはず、往年のハードロックバンド「KISS」のギタリスト、ポール・スタンレーのシグネイチャーモデルだそうです。

 ポール・スタンレーと言えば、アイバニーズのアイスマン。若い頃そのルックスに憧れたギターの一本でした。
言われてみれば、確かに奇抜なデザインと無骨なルックスは、アイスマンに通じる何かがあります。

 昔は、ギブソンフューチュラやモダーンといったチャレンジ精神溢れたデザインのギターも在ったものですが、最近のギターは洗練されすぎたせいかどれも似たような姿になってしまいました。

 そんな時代の流れを無視するかのようなPS1600のルックス。
おっさん心をくすぐる何かを持っている事は間違いありません。流石はおっさん代表ポール・スタンレー。

 驚いたのは見掛けだけでは無く、マホガニーボディ、マホガニーネックのスルーネック構造にもかかわらず、売価19800円。もう、若い頃の私でしたら即買いですよ。


 唯、ふと考えたのは、今の若者達から見たらこのギターはどう見えるのだろうか?と言う事。
だっせー(笑)ないない(笑)と、言われてしまうのですかね?

 おっさんにしてみれば、無骨で弾き難そうなでっかいボディがなんとも言えない魅力を放ちまくっているのですが・・・。

 学園祭でこいつを担いで、ステージに登場するような猛者は居ないのでしょうか・・・?

目立つと思いますよ!


モンスター~地獄の獣神






関連記事
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する


トラックバック

https://oyajinoguitar.blog.fc2.com/tb.php/52-f50b2094

 | ホーム |