FC2ブログ

プロフィール

BlackDog

Author:BlackDog
 四十代。妻子持ちの普通のおっさんによる、趣味のエレキギターblogです。


カレンダー

10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最新記事


カテゴリ


最新コメント


月別アーカイブ


FC2ブログランキング


BLOG RANKING


ブログ村

にほんブログ村 音楽ブログへ
にほんブログ村 にほんブログ村 音楽ブログ ギターへ
にほんブログ村

PR

忍者AdMax

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
音楽
68位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
ギター
2位
アクセスランキングを見る>>

CLIPして叩く【KORG】

 電子楽器やエフェクター・チューナー等の製品が有名なKORG社。

 独創的なアイディアを活かした製品開発でも注目を集めるブランドであります。

 そんな有名ブランドKORGがまたやってくれました。

 新しい発想の電子楽器(?)を発売したのです。


 残念ながらギターとは直接関係の無い製品ですが、実に興味深く面白い製品でしたので取り上げてみる事としました。


 その新製品とは、KORG 「CLIPHIT」という製品です。




KORG CLIPHIT


 姿形を見ると、卵型のアンプリファイの様にも見えるCLIPHIT。

 それもその筈、3インチスピーカー内蔵で2Wの出力を持った機器です。

 何やらコントロールノブの様な物も見えますが、この状態では一体何物なのかちょっとわかりませんね。

 しかし、本体付属のアタッチメントを接続した姿を見ればなんとなく用途が分かるのではないでしょうか。




KORG CLIPHIT


 クリップチューナーで見かける様なクリップが三つにフットペダル。

 これは・・・
 



KORG CLIPHIT


 まさしくその通り。日常にある物体にこのクリップを装着。そして、その物体を叩くと内蔵ドラム音源が鳴るという実に面白いシステムなのです。

 椅子やテーブル、雑誌や段ボール箱。

 壊れやすいものは避けた方が良いのはもちろんですが、ありとあらゆる家具雑貨が内蔵音源を鳴らす為のトリガーとして使えてしまいます。

 良く有る、ドラム練習用パッドに接続しても使えます。

 そしてここは重要な部分。叩く強さによって音量もしっかり変化します。


 CLIPHIT本体には、三つのクリップインプット端子と二つのペダルインプット端子が備えられています。

 スネアやシンバルなどドラムの音色は、クリップやペダル別に最適になる様自動設定される仕組みです。





KORG CLIPHIT


 各クリップ・ペダル毎に音量設定も可能。

 各チャンネル毎に色分けされているので操作も容易です。

 ドラムキットも11種類の音源が用意されていて、本体側面のダイヤルによって、好みの音色/ドラムキットを選択出来る様になっています。


 更に面白いのは、本体を直接叩く事によっても音源を鳴らす事が可能であるという点です。

 この場合、クリップチャンネル2に設定されている音色(基本的にはスネア)が発音されます。

 カホンやコンガの様に扱う事も出来るという面白い機能です。

 もちろん、本体とペダルを一つといった使い方も可能です。


 本体には、AUX入力やヘッドフォン端子も備えていますので、あまり大きな音を鳴らせない環境での練習にも活躍する事でしょう。


 乾電池駆動も可能な2電源方式。単三電池4本で最長6時間まで駆動出来ます。

 大がかりなシステムが必要なドラムは、その機材移動やセッティングに時間がかかってしまうものですが、CLIPHITを用いればストリートパフォーマンスやちょっとしたセッション等が短時間で簡単に出来そうです。



 びっくりするほどの最先端技術だとは思いませんが、こうしたアイディアを具体化し製品化するKORG社はやはり凄いメーカーだなとつくづく感じさせられます。

 こういった製品こそ、使用者の創造力を刺激する機器だと言えるのではないでしょうか。

 これから、CLIPHITを用いた面白いアイディアの作品やパフォーマンスが見られるかもしれませんね。





KORG / SDD-3000 PEDAL プログラマブル ディレイ




Gibson、Fender、Martinなら充実の品揃えの石橋楽器店!
関連記事
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する


トラックバック

https://oyajinoguitar.blog.fc2.com/tb.php/539-802a46b7

 | ホーム |