FC2ブログ

プロフィール

BlackDog

Author:BlackDog
 四十代。妻子持ちの普通のおっさんによる、趣味のエレキギターblogです。


カレンダー

10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最新記事


カテゴリ


最新コメント


月別アーカイブ


FC2ブログランキング


BLOG RANKING


ブログ村

にほんブログ村 音楽ブログへ
にほんブログ村 にほんブログ村 音楽ブログ ギターへ
にほんブログ村

PR

忍者AdMax

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
音楽
70位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
ギター
2位
アクセスランキングを見る>>

定番フレーズ9

 ギター練習に役立つのではないか?という定番フレーズ9回目。

今回は、フレーズというよりも練習メニューと言った方が良いかもしれません。


 多くの方が初心の頃につまずき易いのが、コードを弾く事だと思います。

 先ず、形を覚えて~なんて所から始めてみるとは思うのですが、実際には曲のテンポに合わせて素早く押さえる必要があったり、素早くコードチェンジをする必要があったりと、ギターでコードを弾くという作業は、なかなか難しいものだと思います。

 単純にギターでコードを弾くという作業は、左手でコードを押さえ、右手でストロークをするという二つに分解できると思いますが、今回は左手のコードを押さえるという部分を重点的に練習してみようという内容です。


TAB22.jpg

 先ずは、ロックでよく見かける五度コード(パワーコード)から。
押さえ方として、人差し指と薬指を使うパターン、人差し指と小指を使うパターン、人差し指・薬指・小指の三本の指を使うパターンが考えられますが、押さえやすい方法でOKです。

 図では、ブラッシング記号が入っていますが、空振りを交えてミュートでも構いません。

 ポイントなのは左手の仕事。コードを押さえる、力を抜いてミュート、コードを押さえるという反復が目的です。

 慣れてきたら、徐々にテンポを上げて、ある程度の反復が出来るように練習です。


TAB23.jpg

 次は、5度コードにフレット移動を交えたパターン。

フレットを押さえるだけの作業に、フレット移動という仕事が加わると、より左手に負担がかかるのが分かると思います。
フレット移動の幅を広げるほど、その負担は顕著になります。

これもまた、慣れてきたらテンポを上げて練習し、ある程度反復できるよう勤めます。



TAB24.jpg

 次の例は、6弦全部を使ったフルコードで、同様にフレット移動を加えたパターンです。

基本的なメジャースケールの形で1フレットから3フレットへ移動、最後に5フレットに移動する際に少し変えてマイナーコードに。

 クラシカルグリップでも、カントリーグリップでもお好きな押さえ方で構いません。

 この辺りまで来ると、右手のストロークも六弦全部を綺麗に鳴らすのが大変になってきますが、今回は左手の練習が主目的ですので、初めのうちはこだわらなくて良いと思います。
 とにかく、押さえる、緩める、フレット移動の反復をする事が目的です。


 フルコードともなると、押さえているつもりでも実はある弦の音が鳴っていないなんていう事も増えてくると思います。慣れてきたら正確に綺麗に、そして素早くコードチェンジ出来ているか?という点を注視して、練習していくと良いと思います。


 ある曲をコピーしようと思った時に、ある部分のコードチェンジが上手く出来ないなんていう場合にも、今回のように、そのコードチェンジ部分を抜き出し、意識的に左手反復練習をしてやると、上達が見込めるかもしれません。

ギターコードまるわかりBOOK-フォームと進行の両面から迫る! CD付き!



関連記事
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する


トラックバック

https://oyajinoguitar.blog.fc2.com/tb.php/56-84e05175

 | ホーム |