FC2ブログ

プロフィール

BlackDog

Author:BlackDog
 四十代。妻子持ちの普通のおっさんによる、趣味のエレキギターblogです。


カレンダー

11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最新記事


カテゴリ


最新コメント


月別アーカイブ


FC2ブログランキング


BLOG RANKING


ブログ村

にほんブログ村 音楽ブログへ
にほんブログ村 にほんブログ村 音楽ブログ ギターへ
にほんブログ村

PR

忍者AdMax

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
音楽
47位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
ギター
2位
アクセスランキングを見る>>

定番フレーズ49

 ギター練習に役に立ちそうな練習フレーズ49回目。

 今回は、解放弦と省略コードを組み合わせて使うパターンの練習です。


 解放弦でリズムを刻みながら、間に省略コードを挟むバッキングパターン。

 幅広い音楽ジャンルで広く使われているフレーズだと言えます。


TAB171.jpg

 内容としてはそれほど難しくはありません。

 特に明記していませんが、五弦解放部分は、軽くブリッジミュートをかけた状態で弾いた方がフレーズ全体が締まると思います。

 省略コードが苦手という方は、特に省略コードの押さえ方/コードチェンジの練習にもなると思いますので、繰り返し練習してみると良いと思います。


TAB172.jpg

 更にもう一パターン。

 この場合、一小節目に出てくる省略コード(E・G♯・B=Eメジャー)に二弦解放が含まれています。

 その為、Eメジャーから五弦解放に移る瞬間に、人差し指の腹で二弦解放をミュートしてやる必要が出て来ます。

 二弦解放が鳴りっぱなしにならずピタッと止められる様、左手ミュートを意識しながら練習すると良いと思います。


 最終的には、上下2パターンを続けて、繰り返し演奏出来るように練習してみても良いでしょう。


TAB173.jpg

 このような解放弦+省略コードというフレーズは、解放弦+1オクターブ上の省略コードという形でも良く使われます。

 1オクターブ上になると省略コードの押さえ方や感覚にも随分と違いが産まれますので、同様に練習してみると良いと思います。


 右手ピッキングの動きはもちろん、左手ミュートはしっかり出来ているか?円滑なコードチェンジ+正しくコードは鳴っているか?等に注意を払って練習すると、意外と奥深い課題であると思います。





Epiphone / Les Paul Classic-T (Min-ETune equipped)




エレキギターなら石橋楽器店!
関連記事
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する


トラックバック

https://oyajinoguitar.blog.fc2.com/tb.php/585-09291c3b

 | ホーム |